「辞めたい…」と思いながら看護師を5年続けた理由【退職後はしあわせです】

こんにちわリリーです。

看護師ってなんでこんなに辞めたくなるんでしょうね。
5年間毎日「辞めたい、帰りたい」と思いながら通勤していました。

それでも5年間続けて、結局今は辞めました。

その看護師を辞めた理由と、5年間続けた理由、辞めてからの生活なんかを書いています。

よかったら最後までみてください。

5年間毎日辞めたかった。それでも続けた理由。

毎日「辞めたい、帰りたい」と思いながら通勤していました。

5年間毎日辞めたかった理由は、
お局の存在、長時間労働、インシデントが怖い、
いろいろありましたが一番は「何が起こるかわからないから」です。

なにが起こるかわからないストレス


毎日「何が起こるかわからない」現場で働くのはものすごいストレスでした。
いつ急変するかわからない、いつ緊急で入院してくるかわからない、
何が起こるかわからないから仕事がいつ終わるかもわからない。

1~3年目は仕事に慣れるのに必死でした。
3年目以降はある程度病棟がどう動いているのかがわかって、昔よりかは行きたくない気持ちが減りました。

しかしリーダーができるようになっても、休日は師長や主任が不在、先輩も少ない中病棟を任されることや
「何か起こっても、それに対処できるのか」という不安はいつでもありました。

1日が終わって何もなかったら「よかったね」で済みますが
何かあったら仕事が終わりません。

それでも辞めなかった理由、育休産休がネックで…



それでも辞めなかったのは4年目で結婚してから、「ここで働き続けないと、すぐに育休産休がとれなくなる」が大きかったからでした。

結婚してから夜勤がないところで働きたかったので、病院を辞めるかどうか悩みました。

しかし今から他の病院へ移動して、新しいことを覚えて育休産休がとれる年数まで働いてと考えると、院内で夜勤がない外来部門へ移動した方がいいと考え、移動することにしました。


「何が起こるかわからない現場だから、何か起こる前にアセスメントするのが看護師でしょう。」私もそう思います。

ただ、頑張って観察してアセスメントしても起こってしまうのが急変です。
急変対応に当たるとパニックになってしまって何も役に立つことはできませんでした。だから「何が起こるかわからない」ことがすごく嫌でした。

5年目で私が辞めた理由

看護師を続けるために移動した先で、看護師を辞めることになった理由は
他の職種のパワハラが原因でした。

新しい職場では、私は新人です。
今までの科とは違うので5年間の知識はありましたが新しい分野で、0からの勉強でした。
(パワハラかモラハラか書き方を迷いましたが、私より社会人歴は2-3年上だったのでパワハラにしておきます。)

具体的なパワハラの理由

具体的なパワハラの内容は

その分野では新人なので何もわからない・経験していないからという理由で、何もさせてくれない、威圧的な態度で接してくる、困っているのでその職種に協力してほしいことがあっても該当者は協力してくれない、患者に看護師の悪口を(自分がいるのに)その場で言われる。

仕事上、困ることばかりでした。

というか話を聞いてみると、私だけではなく看護師もその職種もみんな困っていて、それでも改善しないということでした。

もちろん師長には相談して、師長もそのパワハラをしてくる職種の責任者に伝えてその責任者も該当者に伝えてくれていました。

少しの間はいつもよりかは大人しくなりましたが、3日もたてば元通りでした。結果、改善することはありませんでした。


勉強しても勉強しても、今までも感じていた
「何が起こるかわからないことへの不安」は新しい分野でより一層増強しました。

そんな中での他の職種からのパワハラ。
パワハラって、当事者になってみるとわかるんですがパワハラをする人は上司や周りにはわからないようにしてくるもんなんですね
新しい職場の看護師さんたちは協力的ですごく働きやすかったのですが、ストレスは少しずつ積み重なりました。

涙が流れてくるのと嘔吐を繰り返す毎日

そのうち仕事のことを考えると涙が止まらない日が続きました。
でも「上にいっても辞めさせてくれないんじゃないか」「辞めた後の方が不安」だから続けるしかないと思っていましたが、そのうち嘔吐も繰り返すようになり、退職を希望しました。

その一人のために辞めるなんてもったいないと言われたこともありました。

ですがその一人だけが原因ではなく、このいつ何が起こるかわからない看護師の仕事をずっと続けるのは無理なのではないかとも思っていました。もういっそのこと辞めて休みたいの気持ちの方があったので辞めました。

ずっと、「ここで続けないと育休産休がとれなくなる」という気持ちから続けて、辞めたいと思っても何度も葛藤しましたがいざもう辞めようと思ったときはそんなこと考えていませんでした。

5年間続けてよかったこと

ただ、私は5年間看護師を続けてよかったと思っています。

次のステップへ進むためには充分な5年間だったからです。

お金の面でも、退職金が出る年数だったし、5年働けば失業保険も受給できます。転職サイトをみても勤続3年目、5年目以上の条件にも当てはまります。

人はいつか死んでしまうし、そのきっかけがいつ起こるかわかりません。
やりたいことは今やるという、私の原動力は患者さんから学びました。
患者さんから、人生について学ばせてもらったのは
看護師じゃないとできない経験だと思います。

辞めてどうなったのか【今の生活の方が好きな理由】

今の生活の方が好きです。
それは家にいて仕事ができて満員電車も、嫌な人間関係もなくノーストレスだからです。

「看護師を続けなくちゃ生活できない」という呪縛から解き放たれ、何がしたいかな?と考えた時に「家にいたい」と思うようになりました。

ですが、看護師の資格はもっているけど患者さんがいて成り立つ仕事なので家にいて看護師をするのは無理ではないかと思っていました。

そんな時にであったのがこの本です

【「超」初心者が在宅ワークに興味をもったらはじめに読む本: 資格なしの主婦が自宅で月10万円稼ぐ!】という本です。

この本の著者、mintoさんという方も元看護師です。
旦那さんが副業を始めたことがきっかけに、ブログに出会い在宅ワークをするようになった方の本です。ブログ以外にも在宅でできる仕事について書かれています。

この本で自宅にいてもできる職業を知り、現在ブロガー・ライターとして働いています。


まとめ

いかがでしたでしょうか?

私の場合、限界になって看護師を辞めましたが
限界になる前の、看護師を辞めるまでにすごく悩むことや勇気がいること、不安になるのはすごくわかります。

ですが、「そこで働き続けなくちゃいけない」なんて思う必要はまったくありません。看護師の資格を持っていれば、生きていく方法はいくらでもあります。
嫌だったら、心がボロボロになる前にやめましょう。

転職先を探す

SNSで記事をシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です