病棟看護師から看護師ライターをはじめる方法

忙しい看護師よりも、ノマドワーカーに興味がある。
看護師からライターになった人っているのかな?

でも、ライターって稼げるのかな?
看護師ライターになるにはどうしたらいいのか知りたい。


本日はこんなお悩みを解決します。



この記事はこんな看護師さんにおすすめです。

こんな看護師さんにおすすめ!
・忙しい看護師生活を辞めたい
・看護師ライターに興味はあるけど、何をしたらいいかわからない
・看護師ライターはいくら稼げるのか気になる



実際私も「病棟看護師限界だな…」と思った理由があって退職し、ライター・ブロガーになりました。


看護師ライターと言ってもそんなに難しいものではありません。

看護師の経験があれば誰でもなれますよ。
忙しくて殺伐とした職場を変えられるチャンスです。

読み進めて、看護師ライターになる方法を知っていきましょう。


私が看護師からライター・ブロガーになった理由

「看護師もう限界かも…」がきっかけ



私が看護師ライター・ブロガーを始めた理由は、

1.家でできる仕事をしたかった
2. 病棟の看護師以外の仕事もしてみたかった
3.初期費用が少ない金額で始められる

以上の3つです。



タイミング的にも自分の手術と、多職種からのパワハラが重なり「看護師もう休みたい…」という気持ちが強くなり5年と少し働いた勤務先を退職しました。


以前から、看護師として働きながら妊娠・出産をすることにすごく難しさを感じていたので(忙しすぎて)、今後は家で仕事をしたいなと思っていました。

本でブログ、ライターのことを知る


コロナで在宅ワークも主流になっていたので、何かないかなと探しているときにこの本に出会いました。(kindle Unlimited対応です。)


ライター1本でやっていくのにも、すぐには稼げないだろうし文章をつくる練習も必要かなと思いブロガー・ライターを平行してすることにしました。


看護師ライターってどんな仕事?



webライターなども聞いたことがあるかもしれませんが、ネット上で文章を書く仕事です。

必要な資格はありません。



パソコンとネット環境があれば、世界中どこでも仕事をすることができます。

(短い文章を書く仕事も、後ほど紹介するクラウドワークス で取り扱っています。)






「なんかハードル高そう」とか、「ちゃんと日本語の文章の書き方知っている人」などのイメージがありそうですが、ぶっちゃけ看護師で文章を書いている人は誰でも看護師×ライターです。

どんな人がライターに向いている?

ライターに向いている人

・職場にとらわれたくない人
・パソコン作業が好きな人
・もくもくと1人で作業できる人



パソコンとネット環境があればできる仕事なので仕事場を自由に選びたい人、あとはもくもくと一人で作業をするので喋らなくても平気な人が挙げられます。



場所もスキルも選ばないので看護師の副業としても最適です。



スマホでもパソコンでも、短いアンケートや体験談などを書く仕事であれば、誰でもできます。

ただ、1記事2000文字以上など構成を考えて長い文章を書くとなるとパソコン作業の方が作業しやすいと思います。


次は、どんなところでライターの仕事を見つけたらいいのか・看護師ライターの始め方を書いていきます。

看護師ライター初心者の始め方

看護師ライター初心者は何からしたらいいの?

看護師ライターの始め方
①クラウドソーシングで、書けそうな案件を探してみる
②書いてみる
③読みやすい文章について勉強する
クラウドソーシングとは
仕事を募集する人(企業)が不特定多数に対して仕事を発注しているサイトのこと。


看護師からライターになってみたいという方は、まずはこの3つをやってみましょう。

短い文章であればスマホからでも問題ありません。



おすすめのクラウドソーシングサイトは次で紹介します。

おすすめのクラウドソーシング


クラウドソーシングのサイトは、私は下記の2つ登録しています。

クラウドワークス
・ランサーズ
クラウドワークス は、椎名桔平さんと葵若菜さんがCMをやっている会社です。



募集している仕事も事務作業や、システム開発などだけかと思いきや「記事を書いてください」というライターの仕事もかなりあります。



実際に登録して、どんな仕事があるのか見ておいて損はないと思います。

初めから文字単価が高い看護師ライターはいないので地道に大手のクラウドソーシングサイトで記事を書いて力をつけましょう。


文字単価について


ライターの仕事には文字単価というものがあります。

文字単価とは
1文字あたりの単価のこと。
(大体初心者ライターは0.5円が平均です。)

この文字単価が上がることで、1記事あたりの収益が増えます。

文字単価0.2円×5000文字=1000円

文字単価0.5円×5000文字=2500円

 



初めは何千文字なんて一気に書くのは無理なので、

  • 自分が働いていたところの口コミ
  • 見た映画の感想
  • 実際にあった恋愛での出来事

こんな題材のものなど、色んなテーマで書いてみて文章を書くのに慣れることをおすすめします。



こんな案件には注意!!(初心者向きではない案件)

・高い文字単価だけど、初心者にはこなせない作業量の案件
・超低単価の案件



文字単価が高すぎても、安すぎても注意です。

初心者だからと言ってブラック案件に引っかからないように気をつけましょう。

文字単価がよくても、納品する記事数が何百記事以上など初心者向けではない案件もあります。文字単価0.1円などで1000文字など1件完成させても100円です。


実績を積みたい方、まずはやってみたい方にはおすすめかもしれませんがずっと低単価で仕事を受けることはお勧めしません。



ブラック案件には注意しましょう。

読みやすい文章を上手に書くにはどうしたらいい…?




記事を書くにしても、自分の言いたいことだけ書いては誰も読んでくれません。


では、文章を書くのに自信がない!読んでくれる文章を書くにはどうしたらいい?という方に、てっぱんの2冊を紹介していきます。

20歳の自分に受けさせたい文章講義

本の情報
作者は「嫌われる勇気」で有名な古賀史健さん。
話せるのに書けないのはなぜか、から始まります。

・頭の中の翻訳の方法
・読みやすい文章の書き方
・読みやすい構成とは
・読者の視点からみた文章の書き方の基礎と応用、これらが書いてあります。

ライターを目指す方はぜひ読んでおきたい1冊です。

人を操る禁断の文章術

本の情報
作者はメンタリズムで有名なDaiGoさん。

相手に行動させる文章(人を操る文章)とはどういったものなのか、人が反応・想像する文章の書き方、メンタリズムを使った文章テクニック満載です。




読みやすい文章を書くのって難しそう…と思うかもしれませんが、本で勉強しつつ書くことに慣れれば書けるようになります。


自分のこのブログしか証明できるものがないですが、昔の記事に比べたら今の方が読みやすくなっていると思います。

1記事につき2000~4000文字書いていますが苦痛じゃありません。これが慣れです。

看護師ライターの収入ってどれくらい?

はじめは看護師の方が稼げます


ライター初心者のうちは看護師やっている方がはるかに稼げますが、ライターの経験を積めば今の看護師の収入を超すことも可能です。



文字単価を上げていくことによって、ライターとしての収入が増えるからです。
ライター始めたてのころは文字単価も低いので初めのうちは収入があまり見込めません。


看護師ライターの収入の例


初めは文字単価が定められた記事で経験を積み上げていきますが、ライターになれてきたなと思ったら自分で報酬を交渉することもできます。

はじめ1文字0.5円で5000文字の記事を3時間で作成できたとき、

0.5円×5000文字 2500円÷3時間=時給833円



これが経験を積んで、文字単価1.5円で交渉が成立すれば

1.5円×5000文字 7500円÷3時間=時給2500円
になります。



ただ、文字単価は交渉次第ではありますが徐々に上がるものなのです。
これはあくまでわかりやすい例だと思っていてください。

ライター1本では初めのうちは稼げないなら…


お金がほしい!と思う気持ちはわかりますが、そこは焦らず地道に努力です。

収入を増やす手段として、ライター1本ではなく自分のブログを持つのもお勧めです。


こちらの看護師だからやってほしい。ブログで稼ぐ方法、アフィリエイトって何?の記事も参考にしてください。


在宅でできる看護師の副業

看護師の在宅ワーク



求人情報など見ていても、看護師の仕事で在宅ワークって中々ないですよね。


看護師のスキル・経験×副業という選択肢もありますが、趣味×副業という選択肢で在宅ワークを叶える方法もありますよ。

看護師ができる副業

・ブログ
・webライター
・youtube
・スキルを売る



例えば絵が書ける、動画編集ができる、メイク相談、文字打ちなどのスキルを自分が設定した値段でココナラ 売ることができます。




先ほど紹介した、自分でブログを立ち上げるのもおすすめです。



詳しくは、看護師も在宅ワークしたい!【在宅でできるおすすめ副業3選】でも紹介しています。

Kindle Unlimited対応商品です。

病棟看護師から看護師ライターになる


ライターも大変そうだなと思うかもしれませんが、誰でも気軽に挑戦できます。

忙しくてキャパオーバーだった病棟での看護師だったころより家で仕事ができて、通勤もなくて、人間関係でも悩まなくて、のんびり仕事ができることが幸せだなと感じます。

やってみたら意外と大変じゃないかもしれないので、まずはどんな仕事があるかみてみることをおすすめします。

ここでやらないか、始めるかはあなた次第です。

転職先を探す

SNSで記事をシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です