看護師辞めたい!悩んだ時の退職転職のステップ

看護師辞めたいけど、辞められない理由もある。
中々決められない。みんなどうやって決めているんだろう?
辞め時っていつ?
看護師辞めたいと思ったら何をすればいいの?


今日はこんなお悩みを解決していきます。



私も同じ経験をしてきているので、他のサイトより読んでくれている人の悩みにそった記事が書けているのではないかと思っています。

この記事でわかること

1.看護師辞めたい、いつ辞めるべき?
2.看護師辞めたいと思ったときから、次に始めること
3.看護師の転職の始め方
4.看護師やらない・休む選択肢の紹介


看護師をやっていると「辞めたいな」と感じる瞬間は多くあります。
しかし、辞めたいと思っても次にどうしたらいいかわからなくなりますよね。

辞められない理由もあって、中々ふみだせません。


記事を読んで「辞めたいけど、どうしたらいいんだろう」を少しずつ解決していきましょう。

看護師辞めたい理由と辞められない理由



看護師を辞めたいと感じる瞬間も多いですが、辞められない理由も多く存在します。

看護師辞めたい理由

人間関係が悪い・責任が重い・休みが少ない・残業が多い
ミスが怖い ・体が疲れる
仕事が多いのに給料が見合わない・友達と休みが合わない
夜勤があるので生活リズムが不規則

看護師辞められない理由

転職が大変そう・辞めたいけど何からしたらいいのかわからない
引き止めに合いそう・職場を変えるのが大変
辞めたいけど仕事がなくなるのが不安
続けないことでキャリアに響くのか不安
新人だから他のところでやっていけるか心配

他の看護師はどうしてる?


厚生労働省が発表している「看護職員の現状と推移」では

看護職員として退職経験のある者の退職理由

1位 出産育児
2位 結婚
3位 他施設への興味
4位 人間関係がよくない
5位 超過勤務が多い

引用:厚生労働省H26年 看護職員の現状と推移

この順位が退職理由として多いデータがでています。



逆に続けている理由としては、

現在就業していない看護師が直近の就業先を離職した理由

1位 勤務形態が希望通り
2位 通勤の利便性が高い
3位 雇用形態が希望通り
4位 同僚との関係がいい
5位 時間外労働が少ない
6位 夜勤対応がない
7位 上司との関係性がいい
8位 他に適当な勤務先がない

引用:厚生労働省H26年 看護職員の現状と推移


このような結果でした。

自分の希望にそった働き方をしている人もいれば、自分に合う勤務先がないから今のところで働き続けている人も多いようです。

夜勤がないとか、通勤の利便性がいいは選べます。

しかし、上司との関係性がいいとか同僚との関係がいいっていうのはぶっちゃけ運ですよね。

不安要素たくさんあるので看護師辞めたい!と思ってもじゃあ辞めようとはなりません。

関連記事:看護師の人間関係に疲れたら、退職しても大丈夫

看護師辞めたい、いつ辞めるべき?

辞めたいと思ったときの見極め方法


看護師辞めたいと思っても辞められない理由もあって続けて、また辞めたくなっての繰り返しですよね。


辞めたいけど解決できないこのループを断ち切るには、まず自分の何を優先させるか考えましょう。


自分のプライベート・生活・仕事の仕方・技術、この中で何を優先するべきか考えれば、今何をするべきなのか見えてくるからです。

どの職場を選ぶかは、自分次第



例えば、「辞めたい…」と思ったときに「でも、もう少し経験を積みたい」と思ったとしてます。

考えがまとまれば、何の経験を積みたいのか・何を勉強したいのか考えることに繋がります。

今は勉強と経験が優先なら、今の仕事でできることを優先しましょう。



逆に「経験を積みたいけど、ここじゃ忙しすぎて人間関係も悪い。もう少しゆっくりしたところで働きたい」と考えたとしたら、ゆっくりとして技術が磨けるところを選びましょう。


やることはあるけど、辞めたいときは



勉強しなくちゃいけないこと、経験することもたくさんあるけど辞めたいときだってありますよね。続けることの方が大変です。



解決方法としては辛い・辞めたいと思うことに対して、自分の心の守り方を知る方法が最適です。

1冊お勧めの本を紹介していきます。

職場のしんどいがスーッと消える大全


産業医・精神科医の医師が、「自分を守るためのコツ」を教えてくれます。
精神科を受診する患者さんの多くは、かなり重症になってから受診することが多いそうです。

自分の心を守れるのは自分しかいません。

辛いことが多い看護の仕事に携わっているからこそ、読んでほしい1冊です。



本の内容に触れながら、悪口ばかりな看護師との職場での付き合い方でもう少し詳しく紹介しています。

看護師辞めたいのステップ1

・今後自分が何を優先して働きたいのか考えよう
・自分の行動次第で職場は選べる
・頑張りたいときは、一緒に自分の守り方も知ろう
【おすすめ本】1万人超を救ったメンタル産業医の 職場の「しんどい」がスーッと消え去る大全 (大和出版)


看護師辞めたいと思ったら、やるべきこと



看護師辞めたい…でも色んな不安要素があって決心つかないときは、何を優先させるか考えようと書きました。


では次の【看護師辞めたいと思った時に次はどんな行動をするのか】のステップです。

看護師を辞めたい気持ちが、7割程度固まってきた人は読み進めましょう。

辞めたいと思ったときに始めること




まず自分が看護師を辞めて、何をしたいか考えましょう。

看護師辞めてからやりたいことの例

・ ゆっくり休みたい
・他の仕事がしたい
・仕事は続けたいけど、もう少しゆっくりしたところで働きたい


看護師辞めてから何をしたいのか決めると、今後どう動くか行動が決まります。
行動を決めることで、辞める決心もつきます。


今後の不安の方が大きいと行動できなくなります。少しずつ不安を消していきましょう。




たくさん悩みそうな気もしますが、自分のやりたいことに向かって行動することはシンプルです。


自分で考えて決心がついたことに対しては自信が持てるし、後悔しません。

転職か無職を選ぶ




看護師を辞めたら、無職か働くかの2択です。
(少しの間休んで働くという選択肢については、後々書いています。)



転職の始め方




ぶっちゃけ転職サイトの口コミって、いい口コミも悪い口コミも見るのでどの情報を信じていいかわからないですよね。

口コミを書いている人の体験談の数だけ、いいも悪いもあるわけです。



従って、看護師の転職サイトの選び方は口コミに左右されずに

 ・サイトの雰囲気
・自分が希望している仕事を取り扱っているか
(夜勤がない、病院以外の仕事の取り扱いがある、など)
・公開している情報を見てよさそうなものがあるサイト



この3つを基準に選びましょう。

非公開求人が多いなどの判断基準もあります。
しかし結局エージェント経由で紹介されるので、1番重要なのはエージェントの対応だと考えます。




同時に2-3サイトぐらい登録して、いい転職エージェントに出会えれば1つに絞るこの方法がおすすめです。

仕事探しもバイトと同様、何社か登録して一番いいと思った仕事を選ぶことをおすすめします。





ちなみに私が登録している、看護師の転職サイトはこちらです。

退職後、正社員として働く方法と単発や派遣も検討していました。ほぼ派遣に決めかけていましたがマイナビ看護師で正社員メインで探し、他の2サイトで単発や派遣を探しました。そのため、この3つのサイトに登録していました。




それぞれ、登録後にやったことなどもふまえて紹介していきます。

マイナビ看護師


・日本最大級、4年連続認知度№1
・全国でオフィスを展開しており、全国対応
・看護師・準看護師・保健師の仕事の他に、治験コーディネーターの求人の取り扱いもあり
・会員登録後は、電話かメールでヒアリングあり

\  最大手・認知度ナンバー1  /

看護師の転職サポート≪登録無料≫マイナビ看護師

MCナースネット


・常勤の他にツアーナースなどの派遣・単発など働き方の選択肢が多い
・利用者満足度95%
・会員登録後、会社で登録会(面談)あり
(全国にオフィスがあるが遠い場合は出張登録会等も対応)

\ 登録後の面談で転職がスムーズ /

「登録会めんどくさいな…」って思いますよね。
しかし、転職サイトに登録するとすぐかかってくる電話にでるのって、ちょっと億劫ですよね。
実際に会う機会を設けてくれる方が、流れがスムーズだったので私は助かりました。

看護のお仕事【派遣】


・高時給の看護師の派遣紹介
・アドバイザーが派遣先とシフトの条件、待遇の交渉をしてくれる
・初回のアンケートでヒアリングなしを選べるので、情報を見ておきたいのみの対応も可能
(ヒアリングとサポートを依頼することも可能)
・LINEでのやり取り可能

\ 高時給案件が豊富 /


ちなみに常勤の転職情報を取り扱っているのは→看護のお仕事
派遣に対応しているのは→看護のお仕事 派遣

なので、同じ会社ですが登録間違えのないようご注意ください。

看護師辞めたいと思ったら、ステップ2

・看護師辞めたら何をするか考えよう
・転職サイトの選び方は3つ、口コミにまどわされないで決めよう
・バイトと同様何社か利用して1番いいと思ったところで働こう

看護師辞めて働かない方法


看護師を辞めて、しばらく働かないで休む方法もあります。

仕事をしないデメリット

・安定した収入はなくなる
・社会的地位がないので、なんとなく心配になる
・役所系手続きがある

仕事をしないメリット

・時間が無制限に自由に使える
・規則にしばられず、好きなことができる(ネイル・髪の毛染める)
・いくらでも友達と予定が合う
・人間関係のストレスがない
・仕事の責任もない
・心がゆるまる


メリット・デメリットそれぞれありますが、私は1度休んでみて疲れた心をリセットすることができました。


実際に、仕事をしてなかった期間のことはこちらでまとめています。


関連記事:
看護師からニートになった【0か月目レポート】
看護師からニートになった【1-2か月目レポート】


少し休んでから仕事をしたい場合は



休めるならずっと仕事したくですよね。

しかし生活していくにもお金がかかるので、何かしら収入は必要です。


この場合は、

①転職エージェントに「1か月ぐらい休みたい」ことを条件を伝えて転職先を探す
②単発や派遣の仕事で必要なお金を稼ぎつつ、休んでから仕事を探す


この2つの方法があります。

1つ目の方法で実際に、3月末退職→1か月間休み→5月から働く、このような看護師さんも周りにいました。


2つ目の方法は、家族の扶養に入りつつ稼げる範囲でバイトをする方法です。
ゆっくり稼ぎつつ、次の就職先を見つけられます。

扶養に入ったら年収でひっかからないの?

年間のバイトの総額は年間130万円以内(月108333円)におさめなくちゃいけないなど聞いたことありませんか?

年度内で退職、その時の収入の総額が130万円以内でも扶養に入れます。
ただし、退職した次の月に108333円以上の収入を得てはいけません。


決まった仕事がない状態ですが、扶養内で最低限のお金を稼ぎながら過ごす感じです。



看護師は時給がいいので、この過ごし方でも働くと休むことを両立できます。

↓ツアーナースの求人を見てみる↓


看護師バイトをやりつつ、副業(自分のスキル)に挑戦することも可能です。

関連記事:
病棟看護師から看護師ライターへ転職する方法

看護師も在宅ワークしたい!【在宅でできるおすすめ副業3選】

まとめ

この記事では

・看護師を辞めたいときの辞め時とは
・看護師辞めようと思った時に、始めること
・看護師転職の始め方、転職サイトの選び方
・看護師やらない・休む選択肢

こんなことを紹介してきました。

看護師辞めたい!ステップ1

・今後自分が何を優先して働きたいのか考えよう。
・自分の行動次第で職場は選べる
・頑張りたいときは、一緒に自分の守り方も知ろう
【おすすめ本】1万人超を救ったメンタル産業医の 職場の「しんどい」がスーッと消え去る大全 (大和出版)

看護師辞めたい!ステップ2

・看護師辞めたら何をするか考えよう
・転職サイトの選び方は3つ、口コミにまどわされないで決める
・バイトと同様何社か利用して1番いいと思ったところで働こう



自分の行動と考え次第で、いくらでも楽になる生き方を選べます。

自分を大切に、働き方を考えていきましょう。

看護師辞めたら幸せしかなかった【退職のヒント】

2020年8月31日

転職先を探す

SNSで記事をシェア!