【病棟以外で働きたい】病棟看護師辞めたい、次の職場どうする?

病棟看護師ってやること多すぎでは…?辞めたすぎる…。

今日はこんなお悩みを解決していきます。

記事を書いている私のプロフィールはこちらです。

病棟看護師を5年続けたあと、外来→ニート→クリニックと転々としながら働き、病棟を辞めたあとからQOLは爆上がりです。



ぶっちゃけ、病棟看護師が一番やることが多いと思います。

毎日忙しすぎて辞めたくなりますよね。

この記事を読んでわかること

・病棟看護師にこだわらなくていい理由
・病棟看護師辞めたら何が変わる?給料はどれくらい減る?
・病棟以外で働く場所とは



この記事を読んだあなたの働く選択肢が、少しでも広まればいいなと思います。働きやすいところで働きましょう。

それでは始めます。

病棟看護師辞めたい!病棟辞めたらどう変わる?




病棟看護師が一番仕事量が多いので、辞めると間違いなく楽にはなります。

楽にはなりますが、デメリットとして給料もガクッと下がるのでそれについても後半で説明していきますね。

病棟辞めると楽になる理由


まず楽になる理由として、病棟は患者さんが入れ替わりずっと入院していますが外来・クリニックとなると患者さんはほぼ家に帰ります。


当たり前のことを言っているように聞こえますが、患者さんの自立度によって体力的な疲れぐらいもかなり変わります。



病棟ではADLが自立している入院患者さんもいますが、介助が必要な患者さんだと清拭・排泄介助・食事介助・体位変換など結構体力を使うことが多いです。

普段自然とやっていることでも、それがなくなると体の疲れぐらいも異なります。


また病棟で限られた人数で夜勤をしていると、疲れるだけでなく気持ちが落ち込むことも多いですよね。

普段は寝ている時間に起きて仕事をするのも辛いし、夜勤のあと日勤でなんて不規則なシフトだと体も疲れますよね。

「何かあったらどうしよう」
「メンバーとの気が合わないな‥」


苦手な人との夜勤って本当に辛いですよね。

苦手な人との夜勤の乗り越え方はこちらの記事にまとめたので、参考にしてみてください。▷嫌いな人と夜勤、他の看護師はどう乗り越えてる?

病棟勤務を辞めてやらなくなったこと
  • 1日中立ちっぱなし
  • 清拭・食事介助・排泄介助・体位変換など
  • 夜勤などの不規則な勤務
  • 膨大な量の記録


夜勤がなくなる+ADLに介助が必要な人が少なくなる、これらの理由から病棟看護師を辞めるとかなり心身ともに楽になります。

病棟看護師を辞める前に知っておきたいこと


しかし病棟看護師でしか経験できないこともあります。

病棟看護師を辞めて給料がいくら下がるかも気になりますよね。


夜勤がなくなったら給料はいくら減る?


まず給料ですが夜勤手当がなくなると、かなりがっつり減ります。

病棟以外でも夜勤があるところで働いたり、日勤だけでもそれなりに忙しいところで働けば大差はなくならないかもしれません。

回答病院数平均手当額
三交代制 準夜勤の手当額8774,141円
三交代制 深夜勤の手当額8815,033円
二交代制 夜勤の手当額178711,026円
引用:2019年病院看護実態調査


私の場合ですが、病棟から外来に異動した際には夜勤ない+残業がほぼなくなったため毎月の給料が6−7万下がりました。

夜勤手当って大きい…

病棟でしかやらないこと


病棟看護師でしかやらないことはこちらです。

  • 患者さんと長い時間関わること
  • 長い時間の点滴管理
  • 清拭、食事・排泄介助、体位変換など
  • 看取り


病棟看護師をやっていると仕事量は多く大変なことも多いですがですが、その分夜勤で稼げたり患者さんと長く関われるメリットがあります。


しかし、病棟看護師から離れると体力面や夜勤がなくなるため楽になるポイントも多いです。


「病棟看護師を続けなきゃ…ここしかないんだ‥」というこだわりは捨てて、自分に合うところで働きましょう。


病棟看護師辞めたい!病棟以外で働くならどこがおすすめ?

病棟以外で働く場所の選び方


病棟を辞めたらどこも楽に感じると思います。それくらい病棟は体力的にも忙しさ的にも大変な仕事です。


病棟を辞めて次はどこで働くのがいいかについては、ぶっちゃけ働く場所の分だけいいところも悪いとこもあるので一概には言えません。


しかし1つ言えるのは、”仕事を選ぶ時は優先することを考えることが必要”ということです。

忙しいのが嫌で病棟を辞めても、給料がいいからという理由で転職したら忙しくて辞めたくなったなんていうのはあるあるですよね。

仕事選びで優先することとは?



楽なところで働こうと思えばいくらでも楽なところは選べます。

給料がいいところを選べば、それなりに仕事は忙しくなります。

例えば私は、病棟→外来→ニート→クリニックと働く場所を変えてきました。「とにかく楽なところで働きたい!」と選んだところ、今の業務内容は採血・注射類(筋注、皮下注など)、静注です。

逆に言えば患者さんとの関わりや、新しい科の知識以外新しいことを経験することはほとんどありません。



「こんな経験してみたいな」「こんなことが学びたいな」という気持ちで仕事探しをすれば、自分のやりたいことに近づけるし新しいことを吸収できます。

とにかくゆっくり働きたいことを重視すれば、楽な職場は選べます。


仕事内容は自分で選べるので、仕事を選ぶ時は何を優先させるか考える必要があります。

看護師の転職サイトの使い分け方



「楽なところはいくらでもある。仕事探しをする時は優先することを考えよう」ということを書いてきましたが、じゃあどうやって見つけるの?ということを書いていきます。



そもそも転職サイトはを利用するかですが、転職サイトはどんどん利用しましょう。


転職サイトを利用することによって、効率的に仕事探しができて転職にまつわるわからないこともエージェントに聞くことができます。



看護師の転職サイトはいくつか登録して使っていました。登録したサイトを3つ紹介します。

利用する人の数ほど口コミがあるので、口コミに惑わされず機能面で選ぶことをおすすめします。

・求人情報から転職先を探したい→ジョブメドレー

・これからの仕事の仕方について悩んでいる
→派遣・単発・正規雇用など扱っている仕事の幅が広い業界最大級の求人数と会員数!≪MC─ナースネット≫

・大手でエージェントに色々相談したい
看護師の転職サポート マイナビ看護師

こちらの3社を比較している記事はこちらです。特徴ごとにまとめているので、使いやすい転職サイトが見つかります。

【転職初心者のための】看護師のおすすめ転職サイト【徹底比較】

2021年5月6日



私の場合ですが、電話でのやりとりが苦手でエージェントなしで求人情報から仕事が探せるジョブメドレーが使いやすかったです。

関連記事も載せておきます

▷【エージェントなし】看護師転職ジョブメドレー使ってみた【評判は?】





「看護師自体やりたくない…休みたい…」と、これから辞めて少し休むか働くか悩んでいるという方は 看護師辞めたい!悩んだ時の退職転職のステップ の記事をどうぞ。

看護師辞めたいけど、これからどうしようかなという人向けに退職後の方向性をまとめています。



ブラック病院に騙されないで!



実際に気になる職場を見学に行けたら雰囲気もわかって選びやすいですよね。

しかし実際そんなに暇はないと思うので、エージェントからの情報や求人情報で判断するしかありません。



そんな時に知っておきたい、求人情報でチェックするポイントはこちらです。

求人で見るべきポイント

  1. 仕事の内容
  2. 就業する場所
  3. 仕事が始まる時間と終了時間
  4. 残業の有無
  5. 休憩時間と休日
  6. 給料、賞与の内容
  7. 健康保険・厚生年金・労災・雇用保険の有無など



ざっとポイントを書きましたが、【ブラック病院は要注意】看護師のいい求人の選び方 で求人で見るポイントについてまとめています。


月収・月給・年収・手取りなどの詳しい違いや、残業代で見ておくポイントなどを書いているので、一緒に知っておくと仕事を探す上でより失敗しにくくなります。

おわりに

ここまで見ていただきありがとうございました。

給料がよかったり経験を積めるので病棟で働くメリットもありますが、働く場所は病棟だけではありません。

自分の働きやすいところで働きましょう。


他の記事が気になった方はこちらもどうぞ。

【ここだけの話】看護師の転職サイトは複数登録した方がいい理由

2021年4月7日

ミスして看護師やめたいと思った【体の3大SOS】

2021年2月20日

転職先を探す

SNSで記事をシェア!