5年間看護師を続けた私が伝える【看護師を続ける秘訣3つ】を教えちゃう

最終更新日:2020年10月3日

こんにちわ、リリー(@pariparitabi)です。

普段は旅行やおすすめの商品レビューを書いています。

今回は、私が続けてきた看護師について書いていきます。

特に、今日は看護師の新人さん向けです。

国家試験が終わり、コロナ渦の中就職してようやくそろそろ夏休みですね。
本当にいつもよく頑張っています。

「こんな忙しくて大変なのに、看護師続けられるのかな?」
「看護師を続けている人は、なにか秘訣とかコツとかあるんだろうか?意見を聞きたい」

こういったお悩みについて、5年働いた私が看護師を続ける秘訣についてお伝えします。

この記事を読むとわかること
・なんで看護師を5年続けられたのかがわかる
・3つを意識すれば気持ちが軽くなる

看護師を続けられた秘訣3つ

①悩みは口に出して誰かに相談する。

なんで5年も続けられたのかと考えたときに、いつもでてくるのは同期と家族の存在です。


嫌なことがあってもなくても飲みに行き、悩みはお互いに言い合っていました。


悩みって口に出してみると「自分はこんなことに悩んでいたのか」と思い、不思議と気持ちが軽くなるんです。



この、「話してみると、悩みがスッキリする現象」を長年なんでだろうと思っていたのですが、答えは本の中にありました。



古賀史健さんの【20歳の自分に受けさせたい文章講義】という本です。





著者の古賀さん(”嫌われる勇気”で有名な方です)は文章を書くことは、頭のなかのぐるぐるを翻訳することだとしています。


その翻訳の手順として、聞いた話を誰かに話すことが第一歩だと言っています。


また話すことで得られることは3つある、と書いています。

話すことで、得られること3つ
①再構築 ⓶再発見 ③再認識



例えば優先順位のつけ方で指導されたときのことを想定します。

場面:リーダのAさんに「9時になったから環境整備に入りなさい、みんなでやる時間だよ。」と言われた。そのあと続けて20分ぐらい環境整備をしていたらまたAさんに「まだやってるの?受け持ちの入院さんきたよ。早く対応して。」と怒られた。

①再構築(話すことで何が起こったかを口にだす。頭の中で整理する)
「Aさんに環境整備に入れっていわれて20分ぐらいやっていたのに、Aさんが入院の人を優先って怒ってきたんだよ。 優先順位もまだつけられないのに一方的に怒られてもね。私たち新人はこういうことに反論できないし。」
⓶再発見(自分が話してみての気付き)
なんで入院の人を優先させなければいけなかったんだろう?あの時怒られたことにびっくりしたけど、理由を聞くべきだったな。
③再認識(自分がどこに反応し、嫌だと思ったり面白いと思ったのか)
あれをやれこれをやれって言われてムカッときたけど、なんで入院の人を優先させなきゃいけなかったのか今度聞いてみよう。そしたら優先順位も少しは考えられるかもしれない。


頭の中のぐるぐるって、誰にでもあると思うんです。
でもそれは話すことで、再構築・再発見・再認識するから「話してみると、悩みがスッキリする現象」がおきるんですね。



自分のなかのぐるぐる、やモヤモヤは誰かに話してスッキリさせちゃいましょう。

この古賀史健さんの【20歳の自分に受けさせたい文章講義 】は、文章だけではなく物事への考え方を知るのにもとてもおもしろいのでおすすめです。

②休暇はしっかり遊ぶ(特に長期休暇)

2つ目は、長期休暇はしっかり遊ぶ。
主に、「今いるところじゃないところに行く」が大切です。

理由は、旅行に集中することで「普段の悩みから開放される」からです。


新人になって、初めての夏休みは何もかも忘れて沖縄に行ました。
行きたかったドラマのロケ地(鳩間島)や石垣島のおいしいものを食べました。

鳩間島観光してきた。【瑠璃の島】【コブクロ】

2020年10月3日


旅行の前は「休むことで他の同期の自立が進んだり、患者さんの情報がもっとわからなくなったらどうしよう」と思っていました。

しかし、旅行に集中して沖縄で遊びまくったらそんなことで悩んでいたなんてさっぱり忘れていました。

私は一人旅も、旅行に集中することで普段の悩みから開放されるので大好きです。

一人旅についても書いているのでよかったらみてください。

一人旅をおすすめする理由

2020年7月18日

③できないことを、考えすぎないこと

3つ目は考えすぎないこと、です。


理由は、新人の時はできないことに目を向きがちだからです。


新しい環境で、いろんなころを覚えるのってめちゃくちゃ大変ですよね。5年間働いて振り返ってみると新人の1年目が一番辛かったです。


知らなきゃ怒られるし、できなきゃ怒られるし。
先輩たちは自分が新人だった時のこと忘れちゃったのかな?みたいな。


新人の時は「できなくて当たり前」です。
失敗しても失敗を次につなげましょう。そうしたら、できないこともできるようになります。

看護師を続けてみえてくる未来

いかがでしたでしょうか。

「看護師としてやりたいことなんてまったくみえてこない」

私は5年たってもやりたいことなんて、ありませんでした。
でも5年続けてみたら、5年間やってきたことが今に生きています。

この3つを意識すれば、つらい新人時代は乗り越えられます。

SNSで記事をシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です