金夜に会いましょう体験記

【金夜に会いましょう】との出会い

夜勤明けでぼーっと携帯いじってたら、

高橋久美子さん(くみこん)のフェイスブックで


”金夜で会いましょうの残席あります”


を見かける。金夜ってなんだ・・?ライブ?

金夜に会いましょうとは
1982年生まれの二人(高橋久美子さんと綾部健司さん)が月1で開催している。ゲストを交えたり、詩を紹介したり、おすすめの本を紹介したりする会。



とりあえず、ぐぐってみても参加した人のブログとかTwitterも見当たらない。

詩について語るのかな?
作詩なんてしたことないけど、参加していいのかな?
クミコンに会いたいけどそんな気持ちで行ったら失礼かしら・・。

なんて気持ちを抱えつつ、でもやっぱり会ってみたいのと新しい世界かもしれないので参加。


高校生時代の危うい時にチャットモンチーの歌詞にどれだけ助けられたことか。

ハナノユメは今も頑張りたいときに聞く。


チャットモンチーから脱退しても、クミコンの書く本が大好きでほとんど読んだ。

すごいセンスがあって頭のいい人なんだと思ってたけど、
ベトナムで出会った少数民族の人の家にそこで遊びに行く約束をとりつけて、6時間かけて山登っていく話は行動力ありすぎて嘘なんじゃんないかと思うくらい引き込まれた。

(【いっぴき】という本に書いてあります)

東京から養生テープが消えた日の前夜

参加したのは第5回の中目黒中目黒ONIBUS COFFE開催の会。

東京にとんでもない台風が来る前日。

でも二度と行けないかもしれないし、残席余ってるなんてラッキーなのかもしれない!!と行ってきました。

場所は中目黒の隠れ家カフェ、ONIBUS COFFE。

金曜に参加したあと、このオニバスコーヒーがすごく特別な場所に思えてもう1回いってきました。

カフェラテおいしかった。

【金夜にあいましょう】に行ってみた

ちょっと迷ったけど無事到着。

入って早々、くみこんがコーヒー配っていてびっくり。
想像通りすごく雰囲気が柔らかくて、親しみやすそうな方でした。


ホットコーヒーと、ゲストの方のフライヤーをもらったりしてゆるーくスタート。


何するんだろう?と思ってたけど、

台風の話から始まり、くみこんと綾部さんの新作の詩の朗読会、映画監督の和島香太郎さんがゲストで映画の紹介や和島さんの詩の紹介(めちゃくちゃよかった)、持病のてんかんについての話だったりもりだくさん。

詳しくは金夜のnoteでも少し読めるのでよかったらどうぞ。

参加してみた感想としては、詩っていう新しい世界に触れられて楽しい夜でした。

詩って、作る人のセンスで成り立ってる気がして作るのにハードルが高い感じもするし今まで読んだことしかなかったけど、【金夜に会いましょう】で実際に作った側の話を聞いてみたらすごく詩が身近にある気がして…

結果参加してみたら、ものすごくわくわくする夜になりました!!

詩だけじゃなくて、ゲストの方も写真家だったり編集者だったり、ミュージシャンだったり色んな人の話が聞けるのも魅力的。

あと、カフェに人がいっぱいって言ったけど20人もいないくらいなのでその規模も特別感があってすき。

高橋家の野草ブレンド茶も購入


金夜に会いましょうの会も終わって最後は物販コーナー(ライブみたいで楽しい)

そこで、くみこんの妹さん?が作っている野草茶を購入。
胃腸の調子が悪いときに飲むとほっとする。

今は【ZOOMで金夜にあいましょう】

今はコロナの影響でZOOMバージョンでお届けしているみたい。

コロナなんか早くどっか行ってもらって、早くまた参加したいなぁ。

予約サイトはこちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です