自信が持てない看護師が自分を変えていく方法

何年も看護師をやっているのに自分のしていることに自信が持てない。未だに先輩から怒られて自信喪失中。
自分は看護師にむいていないのではないか。勉強が足りていないのだと思う。看護師辞めた方がいいんじゃないかな…。

今日はこんなお悩みを解決していきます。

記事の結論

・自信がなくて悩んでいるあなたは、伸びしろあり
・自分が活かせる職場は、今の職場じゃないかも
・立ち直れない時の解決策は、十分落ち込む→地道な努力に繋げる


真面目で頑張っているのに、自分に自信がない看護師さんって私の周りでも多いです。

自信がないと感じている今の方が、伸びしろはあるので順番に解説していきます。

もしかしたら、自分ができない・自信がないと思っているだけかも…?
人間関係で悩んでいる看護師さんは、こちらの記事も参考にしてみてください。

ずっと自信が持てない。看護師辞めた方がいい?

結論:自信がないなら、伸びしろありです。

「看護師として中堅と言われる年になったけど、ずっと自信がない…。自分がやっていることに自信が持てない。」

結論から言うと、自信がなくても看護師続けて大丈夫です。
むしろこれから伸びる余地ありです。


なぜ大丈夫なのかというと、自信がない方が考えて行動できるからです。
もし間違ったことをしてしまっても、間違った経験から次は正解の道を選べます。

看護師〇年目なのにできない、とういう気持ちは自分が勝手に思うできる看護師像なので、そんな気持ちは捨ててしまった方が楽です。

経験年数だけ上になっていく、不安しかない。

「リーダーなんか任される器じゃないけど、経験年数が上なので任されてしまう。」「できる自信がない…」


はじめからできる人なんていません。徐々に努力していきましょう。

私も看護師3年目の時のリーダーデビューの時は、出来なさ過ぎて本当に行きたくない毎日でしたが2年ぐらいリーダーやっていたらデビューの時よりかは不安は消え去っていました。

わからないことがあれば、「経験年数が上なんだから…」と思わずに、周りの医師や周りの看護師に相談しましょう。

周りに出来すぎる看護師がいたり、その人と比較して自分を過少評価しすぎている可能性もあります。

どうしても比べてしまうのは仕方のないことなので、そこは受け止めて鳥になったつもりで(第3者目線で)今の自分に足りていない部分を見返してみましょう。

仕事ができなくて周りに迷惑をかけている

でも仕事をしていると周りに迷惑がかかる。
経験年数もそろそろ良い頃なのに、経験年数に見合った役割が果たせないなら看護師辞めた方がいいのではないかと思っている。


もし自信がないことで辛い・役割を果たせていないと思うのであれば、その職場で働くことにこだわらなくてもいいと思います。

自分のいいところを生かせるとこで働くべきです。

仕事が遅いと思っているのであれば、もう少し病床数が少ないところや、ゆっくりした職場を選んでみるのはいかがでしょうか。




まずは転職サイトに載っている求人広告でどんな職場があるか探してみましょう。

登録すると、転職エージェント経由でやりとりするので多少めんどくさいですが自分にあった転職先を探してくれます。
(はじめにメールでのやりとりでお願いしますと伝えておけばしつこい電話はなくなります。)

≫看護師の転職サポート マイナビ看護師



自信がない方はこれからも伸びる余地ありです。
自信がないなら、地道に努力して解決していきましょう。

今の職場にこだわらなくても看護師の経験年数があるなら、他の職場でも
自分が生きるところは見つかるはずです。

またやらかしてしまった…どうしたら立ち直れる?

無理に立ち直ろうとしない



無理に立ち直ろうとしないで、地道に改善点をなおしていくことが大切です。

看護師としてやっていく自信がないと思った出来事があった時は辛いし、本当に辞めたくなりますよね。


存分に落ち込んでから、何がいけなかったのか思い返して勉強するポイントや、今後できる改善点を少しずつ見つけていきましょう。

その繰り返しで徐々にできることが増えていきます。

自信がなくて落ち込んだ、で終わらせない


例えば、自信を無くす出来事があって知識が足りなくて勉強しようと思った、ということがあったとします。

その気持ちをなくさないためにも、何の知識があったらよかったのか失敗しなかったのかを考えて勉強しましょう。

自信を無くす出来事があった→できなくて落ち込む。勉強しようと思う→数日後立ち直る


これで終わらせてしまうと、自信がないと感じるループからは抜け出せません。

大事なのは、知識が足りないと思うのであれば何を知っていればよかったのか振り返ってみて地道に勉強していくことです。


できる!!と言われている先輩も地道に努力した結果、知識が豊富でできる看護師と言われているはずです。


中堅なのに、今更遅いのでは…

「もう中堅なのに、そういう努力・経験をしてこなかったから今自信がない。今更勉強しても遅いのでは…。」


今更遅いなんてことはただの言い訳です。
確かに経験年数に見合った仕事ができなくて、迷惑をかけたりすることもあるかしれません。

しかし経験年数に見合う仕事の概念っていうのは、勝手に自分が生み出しているだけなので、今からでも勉強しなおす気持ちでやっても遅くないと思います。

「看護師向いてないかもな」という出来事に直面した時は無理に立ち直ろうとせず、自分ができることを地道に努力していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です