【現役が解説】看護師がバイトで働くメリット7つを紹介【自由に働こう】

看護師バイトで働くメリットを知りたい。

こんなお悩みを解決します。


わたしのプロフィールはこちらです。

大学病院を辞めてからは、7ヶ月間のニート期間を経て週2でクリニックでバイトしてます。



結論から書くと、看護師バイトのメリットはこちらです。

  1. 高時給で働ける
  2. 短時間で稼げる
  3. 休みが自由に決められる
  4. 常勤よりはるかに残業が少ない
  5. 自由な時間が増える
  6. 人間関係の悩みが減る
  7. Wワーク可のところで働けば経験が増える


大学病院で働きていた時は、看護師バイトで働けるの…?と半信半疑でしたが、看護師バイトでも生活できています。

むしろフルタイムのときより、メンタルも健康で自由な働き方になりました。




看護師の仕事=常勤だけではありません。

高時給で働ける分、より自分の使える時間が増えるので色々なことに挑戦しやすくなりますよ。

それでは看護師バイトのメリットを紹介していきます。

看護師バイトの働き方は?

看護師の非常勤の種類


看護師バイトは非常勤のうちの1つです。非常勤にも色々種類があるので解説していきます。


看護師のはたらき方の分類はこちらです。

  非常勤の種類 違い
常勤
常勤は、職場の所定労働時間に従ってフルタイムで働くはたらき方のこと

非常勤
非常勤は、常勤より短い時間で働くはたらき方のこと

バイト・パート
時給で働く雇用形態のこと。バイトは学生に使う呼び方、パートは主婦に使う呼び方。

派遣
派遣会社に登録して紹介されたところで働くはたらき方。働く期間が決まっている。バイトより給料は高め。

単発
派遣会社に登録して1日単位で働くはたらき方。

今回は看護師バイトのはたらき方についてのメリットを紹介していきます。

常勤から看護師バイトになって変わること



常勤(フルタイム)から看護師バイトになると、良くも悪くも大きく変わることは3つです。

  1. 働く時間
  2. お金
  3. 人間関係

 

①働く時間


正社員もバイトも労働基準法で、「1日8時間まで。1週間で40時間まで」と労働時間が定められています。

しかしバイトは毎日仕事に行くわけではありません。

扶養内で働くと稼げる金額も限られてくるので、フルタイムで働くより働く時間が短くなります。


②お金



バイトで働くとボーナスはありません。

働く時間は短くなり心身ともに充実した生活になる反面、フルタイムの時ほど稼げなくなります。

しかし、フルタイムより給料は減るとはいえ仕事中心の生活から抜け出して自由なはたらき方に変えることができます。


もし「看護師バイトのはたらき方にしたいけど、お金が心配」という方は今から効果のある貯金を始めましょう。

詳細は、看護師なのにお金がない!を解決する貯金の手順書 で解説しています。


③人間関係



人間関係に関してはシフト制で週何日か行くだけなので、フルタイムのようにスタッフと毎日顔をあわせる必要はなくなります。

顔をあわせる回数が少ないと悩みのもとも生まれません。

従って看護師バイトでは、常勤のときよりも人間関係に悩まなくなります。




看護師がバイトで働くメリット7個を紹介


看護師がバイトで働くメリット7個を紹介していきます。

①高時給 で働ける


看護師バイトは普通のバイトよりも、かなり高時給です。

東京都の例

東京都の最低賃金 1,013円
看護師バイトの時給 約1,400〜2,300円


「専門職だから・人手が足りていないから・常勤と違って手当がないからなど」看護師バイトが時給が高い理由は様々ですが、看護師バイトの時給は高いです。



②短い時間で稼げる



時給が高いことを紹介しましたが、高時給だと短い時間で稼げるようになります。

1ヶ月に10万稼ぐには?

例:時給2000円×1日8時間=160,00円
→7日働けば達成できる

例:時給1100円×1日時間=8,800円
→12日働く必要がある


極端な例ですが、時給2,000円の看護師バイトはよくある条件です。

看護師がバイトで働くと短い時間で稼ぐことができます。


▷看護師バイトが探せるサイト3選をみてみる


③休みが自由に決められる



看護師バイトでは、働く曜日が固定でなければ自分の予定にそって休みを決めることができます。


正社員でフルタイムで病院で働いていると、中々休み希望出せなかったり休み希望が通らなかったりしますよね。しかしバイトだと休みは自由に決められます。


もちろん働かなければ時給は発生しないので、お金は減ります。

しかし看護師バイトのはたらき方だと、友達とも恋人とも家族とも予定をあわせることが可能になります。




④常勤よりはるかに残業が少ない



看護師バイトは常勤のような毎月何時間もの残業はありません。

働く時間も決まっているし働いた分時給が発生するので、ほぼ定時で帰れます。



看護師の交代制勤務者の時間外労働はかなり深刻な問題です。


日本看護協会が2008年〜2009年にかけて調査した看護職員調査では、交代勤務者の23人に1人が過労死レベルの時間外勤務(月60時間以上の残業)をしていると発表しています。

参考:日本看護協会 今すぐ見直そう!!長時間の時間外労務

 フルタイムで働いていると定時で帰れることって滅多にないですよね。

看護師バイトで働くと残業はなくなります。



⑤仕事以外の自由な時間が増える



短い時間で高時給で働けることがメリットだと紹介してきました。

短い時間で稼げる=仕事以外の自由な時間が増えるということです。



仕事中心の生活をすると、休みの日は身体を休めることに徹底するようになりますよね。

仕事以外の時間が増えると、何かに挑戦してみようとか好きな場所に行こうだとかそういう気力も出てきます。

 

⑥人間関係で悩むことが少なくなる



看護師バイトだと週に数回行くだけでいいので、毎日顔をあわせる関係ではなくなります。

週数回なので職場になれるまで時間がかかるかもしれませんが、苦手な人と毎日顔をあわせる必要はありません。


従って、そこまで深い人間関係をきずく必要がないし悩みのタネも生まれなくなります。



もし職場の人間関係で悩んでいる方がいれば、【退職の見極め】苦手な看護師との人間関係の悩みを70%カットする方法 で詳しく解説しています。

参考に読んでみてください。


⑦Wワーク可能なところで働けば、色々なところで経験がつめる



看護師バイトでWワークができるところで働くと、数箇所で働くこともできるので色々なところで経験がつめます。

夜勤バイト×日勤バイト、在宅ワーク×日勤バイト、単発バイト×日勤バイトなど様々な組み合わせが可能です。

余談ですが、私も日勤看護師バイト×在宅ワークのWワークをしています。

在宅ワークの内容はこのブログとライター業です。


看護師資格は現場でしか活かせないと思っていましたが、看護師の経験はネットでも活かせることができます。


もし、ライターやブログに興味がある方はこちらの記事をどうぞ。

関連記事:病棟看護師から看護師ライターをはじめる方法

看護師バイトで自由に働こう


ここまで読んでいただきありがとうございました。

看護師は常勤だけではありません。

看護師バイトで余裕のあるはたらき方に変えましょう。

看護師バイトを探す時のポイントと、登録だけでより求人が比較できるようになるサイトを載せています。