【いつまでも勇気がでない】看護師が転職する勇気をもてる2つの行動

そろそろ職場を変えたい。
転職した方が自分のためになるのはわかってる。
でも、転職先でうまくやっていけるのかな?いい職場があるのな?
考えると中々勇気がでない。どうしたらいいの?


こんな悩みを解決します。

記事でわかること
  1. 転職へ勇気がでる具体的な行動2つ
  2. 転職して後悔しないために知っておきたいこと


私は現在6年目の看護師です。転職する勇気が出ず、悶々としていた看護師の1人です。
なので転職する勇気がでなくて悩んでいる…という悩みは、苦しくなるほどわかります。


私の経歴としては「結婚をきっかけに転職しよう!」と思ったものの、中々勇気がでず異動を選びました。

その結果異動先が合わず退職することになりました。

「うまく働けなかったなぁ」と結構落ち込み7ヶ月間ニートをしましたが、現在はクリニックに転職して心穏やかに働けています。


失敗はしてきたものの、転職する勇気がなかった時のことを振り返って「あの時どうしたらよかったのか」を考えた結果、いいクリニックに出会うことができました。

「転職する勇気がでない…」という同じ悩みを抱えた看護師さんの力になるのではないかと思います。


前置きが長くなりましたが、転職する勇気でなくて悩んでいるうちは次のステップに進めている証拠です。

看護師の働く場所はめちゃくちゃあるので、転職したい理由があるなら転職しましょう。


では転職への勇気を出すコツや、勇気を出すための具体的な行動を紹介していきます。

看護師が転職する勇気を出す前に知っておきたいこと


看護師が転職する勇気をだす前に、知っておきたいことはこちらです。

  1. 自分のことがわからないまま転職するリスク
  2. 頭だけで考えてもそれ以上の答えはでない

順番に解説していきます。

自分のことがわからないまま転職するリスク


どんな理由であれ職場を変えたい理由があるなら、転職をおすすめします。

看護師免許が生かせる職場はたくさんあるからです。

今より自分が働きやすいと感じる職場はあります。


しかし選択肢が多い中で、どんな職場が自分にあうかはわかりません。

やみくもに働く条件だけで転職先を選ぶのはやめましょう。

やみくもに転職する例
  • 今より楽に働けそうだから転職する
  • 今の職場でやりたいことがないから転職する
  • 今より給料が多そうだから転職する


働く条件だけで転職先を選ぶと、転職してから「思っていたのと違った」となる可能性があるからです。

自分にあう職場とは


自分にあう職場とは、自分の特性(好きなこと・得意なこと)が自然と活かせる職場です。

反対に自分の苦手を避けることでも自分にあう職場は見つかります。

自然にできる得意なことの例
  • 慎重に物事を考えて行動すること
  • 新しいアイディアを出すこと
  • 全体をみて足りないところにサポートをすること
  • チームがゴールに向けて進めるように全体を引っ張る


従って働く条件だけで選ぶと自分自身の条件がおざなりになり、「思っていたのと違った」という転職になってしまいます。

具体例で解説していきます。

「思っていたのと違った」看護師Aさんの転職例


例えば看護師Aさんの特性がこのようなものだったとします。

Aさんの特性:安定思考でリスクがあることは苦手。チーム全体を引っ張るより自分の力を発揮することでやりがいを感じる

得意:自分のやるべきことを考えてゴールに向けて行動していくこと
苦手:リーダーのような役割でチームを引っ張っていくこと、リスクがあること

このような特性があるのに「今より楽な職場で働きたい」という理由で転職したとします。


患者数が少なく仕事内容は楽になったものの、自分より看護師の経験年数が下の子が多い職場に転職することになりました。

看護師の経験年数が上だからといって、リーダーシップを取る場面が多くなり自分が苦手なことを仕事にすることになります。

そうなると、毎日の仕事がしんどくなってしまうというわけです。



自分のことがよくわからないまま働く条件のみで転職先を選ぶとこのような結果になります。

  • 「思っていたのと違った」
  • 「前の職場がよかった」
  • 「やりがいがない」
  • 「なんか違う」

自分の特性を知って、転職先を選択していきましょう。

ブログ運営者リリー
ブログ運営者リリー

自分のことをよく知る具体的な方法は、読み進めとわかります。
このまま記事を読んでみてください。


次は、2つ目の看護師が転職する勇気を出す前に知っておきたいことを紹介します。

頭の中だけでは悩みは解決できない


勇気が出ない時に知っておきたい2つめは、「自分の頭の中だけで考えを終わらせないこと」です。

頭の中だけで考えて判断しない方がいい理由は、それ以上の答えが出ないからです。

転職する勇気がでない理由

「転職への勇気がでない…」と感じている看護師さんの頭の中はこのような感じです。

過去の自分もこのような感じで、転職する勇気が出ませんでした。

・中堅だけど転職先で上手くやっていけるのか不安
・転職先で新しいことを覚えるのって大変そうだな
・どんな職場が自分に合うのかわからない
・そもそも看護師としての目標なんてないけど、こんなんでいいのかな…
・やりたいことがわからない

しかし客観的にみても自分の頭だけでは解決できなさそうですよね。

「転職したい理由はあるけど、勇気がだせなくて一歩が踏み出せない…」の無限ループです。


頭の中で考えても転職先で上手くやっていけるかなんてわからないし、答えはでません。

転職する勇気を出すコツは頭の中で考えを出そうとしないことです。

頭の中で答えを出さないためにすること
  • 言葉に出して誰かに相談してみる
  • 知りたいことを本で調べる
  • 何に悩んでいるのか紙に書いて悩みを視覚的にみてみる

勇気を出すって壮大な一歩のようですが、勇気を出すには1つずつ悩みを解決していくしかできません。

次は、転職する勇気を出すために具体的にすることを紹介していきます。

看護師が転職への勇気をもつためにする2つの具体的な行動

結論から書くと、勇気を出すためにはこの2つの行動をしましょう。

  1. 自分のことを知る
  2. 言葉に出して相談してみる

それぞれ、具体的な進め方を紹介していきます。

①自分のことを知る


1つめは「自分のことを知ること」です。

冒頭で紹介したように自分を知ることで、自分の得意なことを伸ばす仕事選びができたり苦手を避けて仕事選びができます。

自分が働きやすいと思う職場を探すには、自分のことを知らないと選べないと選べません。

自分のことを知る方法


自分の特性を知るには、本を読み進めて自分に当てはめて考えるだけです。

実際に私も読んだ2冊を紹介します。


改めて自分のことを振り返ると、転職活動する時に必ず通る自分の長所や短所もサラッと書けるようになります。

自己分析をするメリット
  • 転職活動(特に面接)で役に立つ
  • 転職先選びに失敗しづらくなる
  • モヤモヤがはれる

1.最強の自己分析


これを読むと仕事に自分をあわせて働くことって結構辛いんだなと感じます。

人によって特性が全く違うことがわかるからです。


従って、転職する方は一回自己分析をしてから転職先を選ぶことをおすすめします。

特性の知り方でも具体例をあげて細かく説明しているので、自分に置き換えて考えやすい一冊です。


ちなみにKindle Unlimitedの30日間無料体験で読むと、無料で読むことができます。

無料期間が過ぎても月額980円なので、普通に買うよりお得です。

無料体験はこちらから始められます。

2.世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方 人生のモヤモヤから開放される自己理解メソッド


先ほど紹介した自己分析とは似たようで少し違いますが、「看護師としての目標や、やりたいことがない」という迷子の方は読むことをおすすめします。

やりたいことを見つけるには運命的な出会いではなく、自分を知ることで見つかるからです。

従ってこの本を読むと、自分を深めつつやりたいことがわかるようになります。

20万部以上売れている大人気の本なので、人生迷子の方はこの本を読みましょう。

ちなみにこの本はAmazonAudibleで無料で聴くことができます。

AmazonAudibleとは
プロのナレーターが朗読した本を聴くことができるAmazonのサービスのこと


意外と聴くって頭にスッと入ってくるんですよね。

通勤中に聞いてみたい方は30日間の無料体験で聴けるのでこちらからどうぞ。

②言葉に出して相談してみる


冒頭で転職する勇気が出ない時には、頭の中だけで解決しないことを紹介しました。
自分の頭の中で考えてもそれ以上の答えはでないからです。


従って転職する勇気をもちたい時は抱えている悩みを言葉にして、自分以外の誰かに相談してみましょう。

相談する相手は転職エージェントがおすすめです。


相談することで、不安を相談して悩みを解決できるだけではなく実際の転職先の候補も知ることができます。

エージェントに相談するメリット
  • 相談することで既に転職への第一歩が踏み出せている
  • 悩みを整理しつつ職場が探せる
  • 第3者の意見を聞きながら転職を進めることができる

悩みを相談する効果

ちなみに口に出すことで、悩みが解放されモヤモヤが晴れることを心理学ではカタルシス効果と呼びます。

カタルシス効果とは

カタルシス効果とは、不安や不満イライラや悲しみなどネガティブな感情を口に出すと苦痛が緩和され、安心感が得られる現象のこと

引用:カオナビ カタルシス効果とは?意味や具体例、効果、活用シーン、実践スために必要なスキルについて

勇気を持つためには、相談してみましょう。

悩んでいることは口に出してみてみると、やるべきことが自分でわかるようになります。

悩んだ時に相談できる転職サイト

悩みを相談できるだけではなく、看護師が使えるおすすめの転職サイトはこちらの3つです。

いい転職サイトでも相性が合わないエージェントもいます。

しかしこちらの3つのサイトは、エージェントの変更方法が記載してあり相性が合わなければ簡単に変更できるのでおすすめです。

 

ちなみに「どの転職サイトがいいかわからない」という方は、利用者数が40万人と圧倒的に多い看護のお仕事を第1選択にするのがおすすめです。

求人数が多いだけではなく、LINEで連絡がとれるので気軽に相談できるのが魅力的です。

ずっと勇気がでないでいるなら、どこかで一歩を踏み出さないと何も解決しません。

失敗を恐れすぎずに、転職への悩みやわからないことを相談してみましょう。

転職する勇気をもてたら、転職先の候補をみてみよう


ここまで読んでいただきありがとうございました。

転職する勇気をもつために具体的に何をするか紹介しました。

勇気を持つと言っても、頭で考えても不安は解決しません。

1つずつ悩みを解決する手段を踏んで、転職する勇気をもっていきましょう。