いらない教科書看護師はどうしてる?結論:売る

看護学生時代にたくさん教科書を買ったけど、これからも必要そうで捨てられない。
看護師になってからどの教科書が必要なんだろう?
取っておいた方がいいのかな?

今日はこんなお悩みを解決していきます。

結論:使わない教科書は忙しくなる前に処分するべき!

この記事でわかること

・看護学生時代のいらない教科書は、売る一択
・5冊から高額買取してくれるメディカルマイスター がおすすめ
・看護学生時代の教科書だけじゃ、看護師になってから足りない


特に看護師1年目は仕事にいっぱいいっぱいになるので、部屋が荒れがちです。(あれ…?看護師5年目もお部屋荒れがち…??)

引っ越しの時にもいらない教科書はかなりかさばるので、今のうちにどうにかしておきましょう。



私も「せかっく買ったのに、もったいない…。必要そうなのは取っておこう…」派だったので売る時はかなり慎重に選んで売りました。

なので「今売ってしまって後悔しないか心配になる」気持ちはよくわかります。

ですが看護師5年ちょいやってみて、いる教科書といらない教科書がはっきりわかってきたので、経験をもとに書いていきます。



看護学生時代の教科書・レジュメどうしてる?

看護師5年間で見たもの、見なかったもの



看護師5年間で一回でもみたものは「いる」、他のものは「いらない」に入れて分類してみました。

いる・いらないチェックリスト

・看護師になってからも使う(いる)
どの科にも関連しそうなメインの分野の教科書

・看護師になってからも一生見ていない(いらない)
レジュメ・テスト
国家試験関連のもの
法律、概論系、社会福祉系、自分が志望していない科の教科書


レジュメ・テストなどは処分して大丈夫です。看護師5年間で振り返ることはありませんでした。


国師の勉強関連の資料も捨てて大丈夫です。
レビューブックだけ、思い出として今も残していますが、こちらも看護師1年目に少しみたぐらいで2年目以降ご無沙汰です。


実習関連のものは見返すことはないのですが、今も記録だけはとっておいています。辛かった思い出の方が多いので中々捨てられない笑

残しておく教科書は、どの科でも役立ちそうな分野のみにしましょう。
法律、概論系、社会福祉系、自分が志望していない科もいりません。

看護師になっても必要な教科書とは



例えば呼吸器内科に配属されたとします。
呼吸器の勉強がメインにはなりますが、既往歴に循環器の疾患があったり消化器の疾患があったりするので勉強は必要です。


なので、どの分野にも関連しそうなメインの科(薬系、病理系、循環器、腎臓系、消化器などなど…)はとっておく方が「あの時とっておけばよかったー!」とはなりにくいので、どの科にも関連しそうな分野の教科書のみ残しておきましょう。



看護学生時代の教科書だけでは足りない。


「手元から離すのなんとなくもったいないな…」と思う方も多いと思いますが、看護学生の時の教科書だけでは看護師になってから、もの足りないことの方が多いです。

なので、これからも見ない教科書等は今のうちにどんどん買取してもらいましょう。

いらない教科書を売ったお金で、他の役に立つ参考書を自分で選んだ方が看護師になった時に役に立ちます。

いらない教科書は売る?古紙回収?メルカリ?


結論、買い取ってもらう一択です。



メルカリで自分で設定した値段で売れば、買い取りよりいい値段がつくかもしれませんが必ず売れるとは限りません。

売れるまでに家に本を置いておくのも邪魔になるし、今どうにかしたいと思っているうちにどうにかしておいた方がいいです。

メルカリよりかは売れる値段は少なくなるかもしれませんが、確実に買い取ってもらう方がおすすめです。

医学書・医学専門書、看護・薬学などの教科書・専門書の専門買取サイト「メディカルマイスター」

具体的な買取方法

書き込みや汚れが多少あっても買取OKなメディカルマイスター で教科書を買い取ってもらう方法を説明していきます。

買取の手順はこれだけなのでまじで簡単です。↓

  • 買取申し込み入力
  • 自宅に取りに来てもらう
  • 査定後振り込みを待つ。

ちなみにメディカルマイスター のいいところは、

送料無料になる冊数が5冊から
(だいたいどこも10冊から)
②買取価格が上がる手段が簡単

年末年始限定特別
【誰でも買取価格10%up】

無料段ボールの送付希望無しで10%up
・【LINE友だち追加】で買取価格5%up
買取代金Amazonギフト券支払いで5%up
…などなど

2020年1月15日まで最大で買い取り価格45%アップ期間中です。




他のサイトも見てみましたが、だいたいどこも10冊から送料無料なんですよね。

5冊からであれば、ちょっと慎重に売ることもできます。

看護師になって忙しくなる前にいらない教科書は断捨離しておきましょう。

看護師になったらどんな参考書を使う?



看護師1年目になる方に共通して役に立ちそうな本・雑誌を紹介していきます。



まず、持っておきたいのはポケットに入る参考書です。

こちらの記事≫看護師1年目に知っておきたいポケットに入る参考書でも紹介していますが、とっさに正常か異常かを判断するの材料になります。



本以外でもエキスパートナースなどの雑誌もおすすめです。


定期購読すればお金を無駄にしたくないので、やる気がなくなった時に嫌でも勉強する気になります。

まとめ


・看護学生時代のいらない教科書は、売る一択
・5冊から高額買取してくれるメディカルマイスター がおすすめ
・看護学生時代の教科書だけじゃ、看護師になってから足りない


いかがでしたでしょうか?

不要な教科書はあっても場所をとるだけです。部屋をすっきりさせて、本当に必要な参考書で勉強してできる看護師になりましょう。

転職先を探す

SNSで記事をシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です