【転職初心者のための】看護師のおすすめ転職サイト【徹底比較】

看護師のいい転職サイトないかな。
今の職場変えたいけど、転職するにも不安が多いな。

今日はこんなお悩みを解決していきます。

この記事を書いている私のプロフィールはこちらです。


結果的に看護師バイトを選びましたが、看護師から無職になったあと正規雇用かバイトか働き方を悩みながら転職活動をした経験があります。


この記事がおすすめな人

・転職するのが初めて
・転職サイトの比較をして、使いやすい転職サイトを知りたい!
・転職への不安を少しでも消したい!



転職サイトを使うのは今よりいい職場に行くための手段です。楽な気持ちで、転職サイトは選びましょう。


比較しやすいようにそれぞれ別の特徴がある転職サイト3つを記事内で比較しています。


先に書いておくと、記事内で紹介している転職サイトはこちらの3つです。


転職するにも勇気がいると思いますが、外に目を向けると今よりいい条件の仕事は結構あったりします。

不安も多いと思いますが、自分のために行動していきましょう。

それでは記事をはじめます。



看護師初心者が使いたい、おすすめの転職サイトは?


看護師の転職サイトって数が多いし、ネットでの口コミもそ多いのでどの情報を信じたらいいかわからないですよね。

看護師の転職サイトを選ぶ基準はこちらです。

転職サイトを選ぶ基準

・登録後の流れ
・サイトを見ていて自分が納得して使えるか
・人材紹介型or求人広告型
・扱っている仕事の内容(正規雇用、派遣、単発など)


どの転職会社も、転職の希望を聞いて希望にそった職場を紹介してくれるのは同じです。


「電話でのやり取りが苦手な人」は登録後に、必ず面談が必要な転職サイトだと流れがスムーズです。

また実際に転職サイト見ていると、エージェントの顔を載せているサイトもあります。


仕事内容は同じですが各会社ごとに特徴があります。自分がいいなと思った特徴で転職サイトは選んでいきましょう。

いいエージェントはどうやったら出会える?


以前の職場で先輩たちが同じ転職サイトを使っていているのに、全く違うことを言っていました。

「すごくいい人にあたった!すごく親身に相談にのってくれるよ。その人のこと紹介しようか?」

「自分の希望に沿ったところを全く提案してこない!脳筋みたいな人にあたってしまった…どうしよう…」


びっくりするぐらい正反対の意見でした。


エージェントと気が合うかどうかは人の数だけ変わります。


まず担当エージェントがいるかいないかで選べば、求人広告型か人材紹介型かで選んでみてもいいと思います。


人材紹介型…担当の転職エージェントがついて仕事の紹介や、転職のサポート(面接や履歴書の書き方)をサポートしてくれる

求人広告型…担当エージェントはつかない。登録後サイトにのっている求人から転職先を選ぶ


では実際に転職サイトの比較をしていきます。


【看護師】おすすめ転職サイトの比較

自分に合う転職サイトはどれ?


3つの転職サイトを比較していきます。比較する対象はこちらです。

  • 登録後の流れ
  • 公開求人数
  • 紹介できる雇用形態
  • 仕事の種類
  • それぞれの特徴


自分が使いやすそうな転職サイトを使ってみてください。

ざっくり比較
  1. 看護師の転職サポート マイナビ看護師
    マイナビグループが運営しており全国にオフィス展開している。大手ならではの情報量の多さが強み。

  2. MC─ナースネット
    正規雇用の他にも派遣・単発の取り扱いがあり、その分だけ紹介している仕事の種類が多い。

  3. 看護師転職ジョブメドレー
    エージェントなしの求人広告型。登録後求人情報を細かく見て判断することができる。

看護師の転職サイトを徹底比較

マイナビ看護師

マイナビ看護師がおすすめな人の特徴
✔大手の転職エージェントに、転職のサポートをしてもらいたい

✔扱う求人数は多い方がいい

✔正社員で転職を考えている

看護師の転職サポート マイナビ看護師

利用料金 無料
対応地区 全国
登録後の流れ


登録後、メールまたは電話あり。
その後担当者と面談
(現在はWeb面談もあり)

公開求人数 51,033件(2021年4月)
紹介できる雇用形態 常勤、夜勤なし、夜勤専従等
仕事の種類 病院、クリニック、診療所、美容クリニック、施設、訪問看護ステーション、一般企業、治験関連、保育施設等
特徴


・マイナビグループが運営する大手転職サイト
・大手ならではの情報量の多さが強み
・4年連続認知度No.1
・公式サイトから各エリアのアドバイザーのプロフィールが見れる


>>看護師の転職サポート マイナビ看護師 を使ってみる

MCナース

MCナースがおすすめな人の特徴

✔自分の生活に合わせた働き方を検討中

✔登録から面談までの流れがスムーズな会社がいい

✔仕事の種類は、選択肢が多い中から探したい


看護師の求人・転職・派遣ならMC─ナースネット

利用料金 無料
対応地区 全国
登録後の流れ
登録後電話またはメールで連絡あり。登録後はかならずMCナースネットのオフィスで面談(希望のヒアリング)あり。
面談予約は登録後の電話またはメールで行う。
公開求人数 約20,000件以上
紹介できる雇用形態 常勤、非常勤、派遣、単発
仕事の種類
病院、クリニック、診療所、美容クリニック、施設、訪問入浴、デイサービス、コールセンター、ツアーナース、訪問看護ステーション、一般企業、治験関連、学校、保育施設、イベント等

特徴
・雇用形態が常勤だけではなく派遣や単発があり紹介できる仕事の種類が多い
・医師が創立した会社が運営
・利用者満足度95%


>>MCナースネットを使ってみる


ジョブメドレー

ジョブメドレーがおすすめな人の特徴
✔自分で求人情報を見ながら探したい

✔エージェントなしで転職活動がしたい

✔スカウト機能を使ってみたい

看護師転職ジョブメドレー

利用料金 無料
対応地区 全国
登録後の流れ 登録後、求人情報が見れる。簡単なプロフィールを入力の必要あり。
(スカウト機能があるため)
公開求人数 約25,000件
紹介できる職種 常勤、契約職員、パート、バイト
仕事の種類
一般病院、診療所、クリニック、介護施設、訪問看護ステーション、保育所、慢性期・療養病院、急性期病院、回復期病院

特徴
・自分のプロフィールを見て、スカウトメールが受け取れる
(LINEでも受取可)
・基本的にサーチ型だが、キャリアサポートに相談も可能(平日10〜19時)
・利用者満足度度96%

>>看護師転職ジョブメドレー を使ってみる

【エージェントなし】看護師転職ジョブメドレー使ってみた【評判は?】

2021年3月4日

看護師の転職にまつわる「これ聞きたい!」


最後に看護師の転職にまつわる、ちょっと気になることをまとめました。

転職活動の時に参考にしてみてください。

①使わない方がいい転職サイトってある?


転職サイトを運営するためには、厚生労働省大臣の認可がなければ「職業紹介」として事業はできません。

職業紹介の定義

求人及び求職の申込みを受け、求人社と求職者との間における雇用関係の成立をあっせんすること

参考:厚生労働省 民間企業が行うインターネットによる求人情報・求職者情報提供と職業紹介との区分に関する基準について

仕事を探す人と会社の中間に立って、雇用契約の成立を手助けするには厚生労働省の認可が必要ということです。


厚生労働大臣から許可を受けた転職サイトは、認可番号をもらいます。

転職サイトをよく見ると、会社概要やサイト内に”厚生労働省認可のの転職支援サービスです”などと明記してあります。

許可を受けていない会社は無許可で運営しているため注意が必要です。


ちなみに紹介した3つのサイトはすべて認可済みのものです。

聞き慣れない転職サービスを使う場合は注意してみてください。


②転職サイト登録後の注意点は?

  • エージェント任せにしない
  • 自分でも求人情報の見方を知っておく
  • わからないことが納得するまで聞く


転職エージェントは職場の情報や転職にまつわる書類や面接のサポートはプロです。

しかし、ただ進められた条件を聞いているだけでは「思っていたのと違った」ことになりかねません。


例えば”給料が良くて仕事内容は今よりゆっくりな職場”を提案されたとします。

しかし給料が良い分残業はどれくらいで、サービス残業はないのかな、残業代についての支払い方法はなど他の条件も確認しておかなければ一概にいい転職先だとは言えません。


最後に職場を選ぶのは自分です。自分でも求人情報の基本的な見方や、優先させる条件考えておきましょう。

こちらの記事に求人情報の見方は載せています。

【ブラック病院は要注意】看護師の良い求人の選び方

2021年3月18日

③引き止めに合いそうな場合はどうしたらいい?


ただでさえ看護師は人手不足なので、上司も簡単にスタッフを手放しません。

退職を伝えたら確実に引き止められると思っておいた方がいいくらいです。

スムーズな退職理由の伝え方のコツはこちらです。

退職理由の伝え方のコツ
  • 一次的な気持ちで辞めたいわけじゃないことを伝える
  • 退職理由にポジティブ要素を加える
    (ポジティブ要素:キャリア、勉強したいこと、自分のライフプランなど)

具体的な退職理由の例は ▷看護師あるある「辞めさせてくれない」撃退法を教えます。に書いています。詳細が気になる方は読んでみてください。


④そもそも看護師を続けようか迷っている


看護師は、絶対続けなければならないものではありません。

ブランクにはなってしまいますが、バイトでも派遣でもいくらでも楽に続ける方法はあります。

少しぐらい休んだって問題ありません。

  • 続けたいけど、しんどくなった時の対処法
  • 看護師から離れたい時
  • 辞めたいと思った時に考えたい道標


これらをこの記事にまとめました。

▷看護師辞めたい!悩んだ時の退職・転職のステップ

(おわりに)看護師で転職するか悩んでいる人へ

ここまで読んでいただきありがとうございました。

紹介した3つの転職サイトは、看護師の転職サイトの中でも特徴がわかりやすくそれぞれ使いやすいポイントがあるサイトです。ぜひ使ってみてください。


自分の経験の中ですが「看護師を続けるしかない。やめちゃいけない」と思っていた時は本当に辛くて地獄でした。

いま転職するか悩んでいる看護師さんに伝えたいのは、自分が毎日辛い思いをしているのであればその職場にこだわる必要はありません。

外にも目を向けて見て、どんな選択肢があるのか知っていきましょう。

SNSで記事をシェア!