看護師が転職に成功するための7つのポイント

転職したい
悩める看護師

もっとゆっくりしたところで働きたい。病棟看護師疲れた。

でも転職して失敗したくないな。転職に成功するコツって何かあるのかな?

この記事では、看護師転職に成功するポイントを7つ紹介していきます。

記事の内容
  • そもそも転職に成功するとは?
  • 看護師転職に成功する成功するためのポイント7つ
  • 転職するか迷う看護師が知っておきたいこと

はじめまして、7年目の看護師リリーです。
5年間病棟看護師をしたあと外来へ異動し、その後2ヶ所のクリニックで非常勤看護師をしています。

リリー|病棟やめて楽に看護師続ける人
リリー|病棟やめて楽に看護師続ける人
看護師7年目|クリニック勤務|病棟5年⇒外来半年⇒ニート7ヶ月⇒クリニック勤務|ブロガー歴2年|病棟にこだわらない看護師の続け方を発信しています||ボールペンはJETSTREAM派です。自分の過去の経験から「辛い職場にとわられずに、心の余裕をもって看護師を続ける方法を知ってほしい」という思いでブログ書いてます。

今では不満なく働くことができていますが、病棟時代は毎日辞めたいと思いながら働いていました。しかし、転職して失敗するのが怖くて中々動き出す事ができませんでした。

転職に成功すれば、間違いなく人生楽しくなります。
私自身、働きやすくなったら看護師を続けるのに絶望しなくなりました。

自分の経験を踏まえて、大事なポイントを記事につめこんでいます。
働き方に悩んでいる看護師さんは、ぜひ実践してみてください。

記事は5分ほどで読めます、それではどうぞ。

そもそも、看護師が転職に成功するとは?

看護師の転職成功は人によって違う

そもそも「転職に成功する」とは人によって違います。

自分が変えたいことが達成出来た時に、成功したと思えるからです。

看護師の転職成功例【私の体験談を紹介】

例えば、私は今「プライベートに余裕がもてる働き方」ができているので、転職に成功したと思えています。

看護師を頑張るよりも、プライベートを大事にできる働き方をしたかったらです。

しかし「大きな病院でキャリアを積みたい」だとか「新しい医療を学びたい」と思う看護師さんであれば私のような働き方をしても成功したと思えないですよね。

看護師転職成功例

・私生活に余裕がもてる働き方に変えたかったので、定時上がりで残業がないところへ転職した
・◯◯科の経験を増やして資格をとりたかったので、◯◯科に強い専門の病院へ転職した
・忙しくなっても給料を上げたかったので、年収が今より高いところへ転職した

このように人によって「転職に成功した」とは全く違うことがわかります。

簡単でいいので、自分にとっての「転職成功」をイメージしていきましょう。

まず、転職して何を変えたいのか整理しよう

自分にとっての「転職成功」を考える時は、今の職場を辞めたい理由を振り返ってみると考えやすくなります。

転職する目的の整理の方法

  1. 今の職場を辞めたい理由を書き出す
  2. 辞めたいと思う背景にあること書き出す
  3. どんな職場であれば辞めたい理由を回避できるか書き出す

考え方の具体例はこちらです。

具体例

①今の職場を辞めたい理由
・毎日仕事が忙しすぎて疲れた
・残業しないと仕事が終わらない

②辞めたい理由の背景(仕事が忙しい理由は?)
・重症度が高い
・急変するリスクが高い患者さんが多い
・多科が多くて検査、手術、入退院などやることが多い
・入退院が多くてやることが多い
・看護業務以外の委員会や係の仕事で提出するものが毎月ある

③次はどんな職場であれば辞めたい理由を回避できるか
・入退院が激しくないところ
・係や委員会の仕事量が少ないところ

「仕事が忙しくて疲れた」という理由でも疲れる原因って色々ありますよね。
自分が辞めたいと思う理由と背景を考えつつ、どんな転職先を選べば辞めたい理由を解決できるのか考えていきましょう。

転職する目的をしっかり考えておくと、志望理由も伝えやすくなりますよ。

転職する目的=転職先を選ぶ基準=転職先を選んだ理由(志望動機)

転職先を選ぶ基準がないと、どんな転職先を選んでいいかもわからなくなります。
自分が今の職場を辞めて何を変えたいのか整理しましょう。

看護師転職に成功するためのポイント7つ

ここからは、看護師が転職に成功するためのポイントを7つ紹介していきます。

  1. 転職活動は3ヶ月前からはじめる
  2. ゆずれない条件を絞っておく
  3. 転職サイトは2−3社から厳選する
  4. 自分の経験が活かせるところを選ぶ
  5. 1つの側面(イメージ)で転職先を選ばない
  6. 退職理由はポジティブに伝える
  7. 退職日を決める時は有給消化も忘れずに

ボリュームたっぷりなので、転職活動ごとにわけてわかりやすく紹介していきますね。

1.転職活動を始める前

転職活動を始める前に知っておきたいポイントはこちら。

  1. 転職活動は遅くとも3ヶ月前からはじめる
  2. ゆずれない条件を絞っておく

勢いで転職活動をはじめて後悔しないようにしていきましょう。

転職活動は遅くても3ヶ月前からはじめる

看護師の転職活動は、遅くとも転職先で働き始める3ヶ月前からはじめます。
転職活動は、半年から3ヶ月程度かかるからです。

基本的な看護師の転職活動の流れはこちらです。

4月入職に向けた具体的なスケジュールは、【いつから始めるのがベスト?】看護師転職のタイミングとスケジュールで紹介しています。

詳しく知りたい方はそちらの記事も参考にしみてください。

過去に人気の病院を転職先にして、不採用になって焦っていた看護師を過去に見たことがあるので、余裕をもって転職活動を始めるのがおすすめです。

看護師の転職先は山程ありますが、早めにはじめておいて損はありません。

最低でも3ヶ月前からはじめましょう。

ゆずれない条件を絞っておく

また転職活動を始める前には、ゆずれない条件を絞っておきましょう。
転職先選びで後悔しないために必要だからです。

例えば、転職先を選んでいるといろいろな条件を比較していきます。
頭の中はこんな感じです。

悩める看護師
Sさん

転職先はゆっくり働きたい。
昼休憩もとれない職場で働いて、毎日ちゃんと残業代もでない職場よりプライベートが優先出来る職場で働きたい。

でも、B病院のボーナスの多さも魅力的だよなあ。
C病院は有給の取得率90%なのか…。

やっぱりお金は重要だよな…。

Sさんのように色々考えた結果、本来の目的からどんどんずれてしまう可能性があります。
転職活動を始める前には、自分がゆずれない条件は整理しておきましょう。

転職ではこれらの条件を自分で比較していきしながら、転職先を決めてきます。

給料(基本給、月給、手当て、ボーナス)
休日
勤務時間
勤務地
残業の有無
社風・理念
福利厚生

他にも、看護師ならではの条件も何がゆずれないか考えておきましょう。

医療の質
安全面
前残業代に対する残業代
委員会、係活動
患者さんの重症度
教育体制
有給消化率

2.転職先の探し方

次は転職先の探し方について紹介していきます。

「次はゆっくり働きたい」「残業代がきちんとでるところがいい」と希望はあるのに、どうやって探したらいい転職先に出会えるのか謎ですよね。

実際に求人を見てみても、どこがいいのかさっぱりわかりません。

賢い転職先の探し方を紹介します。

転職サイトは2−3社から厳選する

自分の希望にあう転職先と出会うには、いくつかの転職サイトに相談してみることで解決します。

1社で納得いく転職先が見つかるとは限らないからです。

例えば、転職サイトごとに取り扱っている求人が違ったり、担当者との相性も1人1人違います。

共通するサポート・希望のヒアリング
・希望にあう転職先の紹介
・転職活動のサポート(面接対策、履歴書添削、採用面接のアポ取り、給料などの条件交渉)
転職サイトごとに違うこと・担当者
・連絡手段(電話、メール、LINE)
・取り扱っている求人数、求人内容

転職サイトの担当者が、信頼できる人かはかなり重要です。
中には転職を成立させたり人や、ノルマのために転職を急かしてくる人もいます。

こんな担当者には注意!
・転職することを急かしてくる
・話を聞いてくれない
・連絡が遅い

「◯◯社だから安心!」というわけではなく、人との相性は人それぞれです。
2−3社相談しながら、いい感じのところで転職活動を進めていきましょう。

ブログ運営者
看護師リリー

私も病棟看護師3年目に5社ぐらいの転職サイトに登録していました。
ただ、連絡が多くなると転職する気自体失せてしまうので、まずは2−3社程度でいいと思います。

✔ LINEが使える転職サイトがおすすめです。

とはいえ、転職サイトに相談した分だけやりとりが多くなります。
使うなら、LINEが使える転職サイトを選んだ方がストレスがないかと思います。

それぞれの比較と利用方法はこちらです。

求人数※非公開求人担当者の有無特徴
おすすめ
レバウェル看護 ( 旧 看護のお仕事 )
137,800件以上・2022年度オリコン満足度調査3冠
・テレビCM放映中
・WEBCM放映中
ナース人材バンク70,000件以上・ナース専科の会社が運営
看護師転職メディカルワークス20,000件以上・医療関係者が立ち上げた看護師転職サイト
ジョブメドレー看護師34,407件以上・担当者なしで自分で転職先を探す看護師の求人サイト
・テレビCM放映中
横にスクロールできます。

【重要】※ただしLINEが使えるのは、はじめの電話連絡で希望を伝えられた人のみです。

  1. 各転職サイトに登録する
  2. 電話連絡がくる
  3. 自分の希望を伝える
  4. 担当者から希望にあう転職先を紹介←ここからLINE連絡

転職サイト側もあなたの希望を聞かないと、いい転職先があっても紹介できません。
自分の希望を伝えられる人のみ相談してみてください。

LINE連絡ができる看護師転職サイト

レバウェル看護 ( 旧 看護のお仕事 )
無料、テレビ・WEBCM放映中
ナース人材バンク
無料、ナース専科が運営
看護師転職メディカルワークス
無料、医療関係者が立ち上げた看護師転職サイト
ジョブメドレー看護師
無料、テレビCM放映中

3.転職先の選び方

いざ転職先を選び始めると、色々な候補があるのでかなり迷います。
迷わないためにも知っておきたいポイントを2つ紹介していきます。

  1. 自分の経験が活かせるところを選ぶ
  2. 1つの側面(イメージ)で転職先を選ばない

自分の経験が活かせるところを選ぶ

看護師が転職先を選ぶ時は、自分の経験が活かせるところを転職先にするのがおすすめです。
理由は単純で、その方があなたが働きやすいからです。

例えば、血液内科の経験のみの看護師が整形外科に行くのは知識でも経験面でも大変さがなんとなく想像できますよね。

看護師1年目のときを思い出してほしいのですが、新しい科のことを勉強するのってかなり大変です。 疾患も治療も薬剤も全く違います。

また採用する側からしても、「自分のスキルが貴院で役に立つ」とアピールできることで、採用されやすくなります。

転職するとただでさえ環境が変わって大変なので、自分の経験が活かせるところを選んでいきましょう。

1つの側面で転職先を選ばない(イメージで転職先を選ばない)

転職先を選ぶ時は、1つの側面やイメージで選ばないことも超重要です。
どの仕事にもイメージ通りとは限らないからです。

例えば、私が今働いているクリニックは定時で上がれるし夜勤はないし、清潔ケアもないので最高です。プライベート優先で働きたい人にはおすすめです。

しかし、一方で夜勤がない分夜勤手当はありません。
また、総合病院ほど資材は十分にないし安全面でも怖いなと思う部分もあります。

【私の体験談】クリニックで働いてからの気づき

◯定時で帰れる
◯清潔ケアがないので体力的に疲れない
◯病棟ほど時間に追われない
◯先生の診察を間近で聞けるので勉強になる

△夜勤手当てがない分給料は少ない
△資材が十分にない
△安全面は病棟ほどしっかりしていない
△スタッフが少ないので休みがとりづらい

どの仕事も複雑でいい面も悪い面もあります。

「◯◯だから楽」という言葉に惑わされず、転職先を選んでいきましょう。

「働いてみないとわからない」を解決するには…?

転職したい看護師

とはいえ働いてみないと職場の実際ってわからないよね?
転職して後悔しないためにはどうしたらいいの?

確かに、働いてみてから働きづらい部分に気づいて後悔したくないですよね。
後悔しながら働きたくないですし、やめようと思っても転職したばっかりは辞めづらいです。

そんな悩みを解決するのが、看護師専門の転職サイトです。

日頃から看護師の転職サポートをしているので、ネットで調べきれない情報をかなりもっています。しかも無料です。

看護師の転職先に詳しい理由は以下の通り。

面接に同行して転職先を実際にみている
・毎日看護師求人を取り扱っている
・入職後のフォローもしており、実際に働いた人の意見も知っている

取り扱っている求人数をみても、自分で転職先を調べるより聞いた方が早いことがわかると思います。

各サイトの求人数はこちらです。(2022年9月現在)

求人数
レバウェル看護 ( 旧 看護のお仕事 )138,683件
マイナビ看護師54,525件
ナース人材バンク70,000件以上
ナースではたらこ95,186件
医療ワーカー59,276件
ジョブメドレー看護師35,602件

情報が最重要な転職で使わない手はないです、むしろ使わないともったいない。

多くの中からいい転職先が選べれば、よりプライベートに余裕ができて人生楽しくなりますよ。

✔ 看護師転職に強い転職サイトを紹介

結論、はじめに使うならレバウェル看護(旧看護のお仕事)で間違いないです。
求人数も業界トップで、使った看護師からの評価も高いので安心して使えるからです。

看護のお仕事の実績
  • 2022年度オリコン顧客満足度調査3冠 (紹介案件の質・担当者の対応・交渉力)
  • 利用した看護師は40万人を突破
  • WEB、テレビCM放映中

参考:2022年度オリコン顧客満足度調査

利用手順も簡単なので、すぐに希望にあう求人はないか紹介してもらえます。

  1. レバウェル看護 ( 旧 看護のお仕事 )に登録する(30秒の簡単登録で完了します)
  2. 電話連絡がくるので希望を伝える
  3. 担当者からの求人紹介(電話・メール以外にもLINEで連絡可能)

※連絡がくる時間帯は、登録画面の途中で指定ができます。

希望の時間に連絡がとれます。夜勤明けで起こされる心配なしです。

使うか悩むより、求人を見てから転職するかどうか決めましょう。
働きやすい人気の求人はこうしている間にも応募が終了していきます。

早めに行動して後悔することはありません。

レバウェル看護 ( 旧 看護のお仕事 )で転職先を探す


※費用は一切かかりません。
※退会したい時は、お問い合わせからメールを送信するだけなので簡単です。
退会方法はこちらの記事でも紹介しています。

4.退会方法編

転職を成功させるためには、円満退職するコツも大切です。

最後に看護師の退職方法のコツを紹介していきます。

  1. 退職理由はポジティブに伝える
  2. 退職日を決める時は有給消化も忘れない

退職理由はポジティブに伝える

退職理由はポジティブにして伝えていきましょう。
円満退職するために、今の職場の不満を伝える必要はないからです。

正直な不満を退職理由として伝えたところで、解決策を提案されて引き止めに合う可能性があります。

辞めたい看護師

残業代がちゃんとでないので辞めたいです。
毎日昼休憩も10分あればいい方だし、忙しすぎます。

師長

看護師の職場はどこも忙しいよ。どこも同じです。
せっかくここまで続けたんだから、やめるのはもったいない。

不満を伝えたくなる気持ちもわかります。ただ、伝えたところで変わりません。

今の職場をやめて働きやすさを手に入れるためには、スムーズに退職理由を伝えていきましょう。

ポジティブな退職理由は、看護師が辞めやすくなる退職理由の伝え方【つかえる例文あり】で詳しく解説しています。

退職日を決める時は有給消化も忘れない

退職日を決める時は、残っている有給も消化し忘れないようにしましょう。

常に忙しい職場だと、有給をとって退職するのが後ろめたくもなりますが、有給は勤続年数が長いほど有給は多くなります。

有給とは…給料が発生する休みのこと

有給が取れる条件(この2点を満たしていれば取得できる)

1.半年間継続して雇われている
2.全労働日の8割以上を出勤している

有給の目安

勤続年数(年)0.51.52.53.54.55.56.5以上
有給付与日数(日)10111214161820
横にスクロールできます。

だいたい、退職日の1−2ヶ月前に師長と話して退職日を決定します。

転職先で働き始める日や、引き継ぎにどれくらい時間がかかるか見越して余裕をもって有給消化しましょう。

退職日を決める時に考えておきたいこと
  • 残っている有給日数
  • 引き継ぎにかかる時間
  • 退職日はできれば転職先で働く前日にする(社会保険の空白期間の手続きが面倒なため)

転職するか迷う看護師が知っておきたいこと

ポイントはわかったけど、まだ転職するかちょっと不安…。

転職するかどうかってすごく悩みますよね。

  • 転職したいけどうまくやっていけるか心配
  • 転職したいけど何がしたいのかわからない

こちらについて、病棟5年→外来→クリニック2ヶ所と働いてきた私が解説します。

転職してやっていけるか心配…

基本的には、看護師歴3年もあれば転職してもやっていけます。
基本的な知識や看護技術は転職しても通用するからです。

極端な例だと看護師3年もやっていれば、バイタルの異常値はほとんどの看護師がわかりますよね。あと採血や注射、点滴類もほとんど出来ると思います。

転職して物品やルールが変わっても、基本的な知識や手技のやり方は変わりません。

仕事のやり方が変わるだけなので、基本的な技術ができていれば転職先でも十分やっていけます。

転職後のことを考えると不安になりますが、自分のことを過小評価せずに転職するか考えていきましょう。

ただし、専門性の強いところへ転職するのはちょっと大変

ただし専門性の高いところを転職先にするのは少し大変です。
専門性の高いところへ転職したい理由があるなら問題ないですが、基本的な技術や今までの経験だけでは通用しないからです。

例えば病棟から内視鏡クリニックへ転職したとします。
医療機器の準備や医師の介助をするのにも、勉強だけではなく実際に経験してみることも重要です。

他にも病棟から透析クリニックも同じです。
今までやったことがない、穿刺や機械の操作が必要になります。

どちらも基本的な看護技術ができる上で、専門的な知識を経験が必要になります。

「夜勤がないから」「慣れれば楽」などという言葉に惑わされずに、自分にあう転職先を判断していきましょう

転職したいけど、やりたいことがわからない

今の職場を辞めたい理由があるなら、やりたいことがなくても転職して問題ありません。
転職する時に絶対やりたいことが必要なわけではないからです。

自分が働きやすいように職場を変えることも転職です。

例:給料と忙しさが見合わない
→残業代がでるところに転職する
→定時で必ず終わるところに転職する。

働き方を変えたら、人生楽しくなった話

余談ですが、転職するか悩んでいた看護師4年目も私も同じでした。

病棟看護師5年目の私

辞めたいけど転職してやりたいこともないし、どこが自分にあうのかもわからない。

でも仕事は忙しいし毎日辞めたいの繰り返しで、ずっと答えがでませんでした。

しかし病棟を辞めてから、自分の働きやすさを中心に職場を選んだので看護師を続けるのが苦痛ではなくなりました。

今の職場を辞めたい理由を解決できるのが転職です。
まずは今の職場を辞めたい理由を整理して、転職して何を変えたいのか目的を整理しましょう。

まとめ:一人で悩むよりまずは行動しましょう。

ここまで読んでいただきありがとうございました。
看護師が転職に成功するためのポイントを、タイミングごとに紹介してきました。

自分の経験を踏まえて、大事なことばかり紹介したので何度も読み返してみてください。

失敗しない転職には情報収集が最重要です。

ここをおろそかにしてしまう人は、また辞めたくなる職場に出会ってしまうだけ。
真剣に情報収集していきましょう。

※転職サイトごとに取り扱っている求人内容や、どこでいい担当者に出会えるかわからないので、2−3社相談してみる方法がおすすめです。

※相談した分連絡が多くなるので担当者とLINEで連絡がとれるところを使った方がスムーズかと思います。

※紹介した3つはLINEで連絡がとれる看護師転職サイトです。