看護師からニートになった【0か月目レポート】

看護師からニートになるにはどうしたらいいの?どうやって看護師を辞めたの?他の人の体験談を知りたい!

今日はこんなお悩み・知りたい!を解決していきます。

看護師からニートになる際の段階で、その時に感じた大事なことや体験談を書いています。

本記事でわかること

・看護師からニートを決意するまで
・看護師からニートになった方法
(退職の伝え方のポイント、実際にあった引き止め内容)
・有給消化中の過ごし方


ちなみに退職までの1か月の給与は手取りで16万円でした/(^o^)\
(※数日働いて、あとは有給消化)


周りにも看護師辞めた人や転職した人がたくさんいると思います。

しかし、具体的に辞めるまで何をしたの?何を気を付けたらいい?など聞きづらいですよね。

中々想像できないので、退職までのハードルが上がっていることもあると思います。



退職するまでは大変ですが、私は看護師からニートを選んでかなり心がゆるまりました。

この記事を読んで、退職するまで何をしたらいいのかどんな過ごし方をしたらいいのか参考にしてみてください。


看護師からニートになったきっかけ

看護師からニートになることを決意




看護師からニートになることを決意したのは、頑張らなきゃいけない状況がしんどくなったからです。


部署異動をした後半年ほどたったところに緊急で手術をすることになりました。術後1か月間は自宅で療養することになりました。


異動して新しく覚えた仕事内容も勉強したことも、0にはなりませんでしたがすぐにスムーズに仕事ができる状態には戻りませんでした。





地道にやっていこうと思っていた矢先、中堅と言われる学年での異動で部署にいるスタッフ自体も少ないためリーダーのできることをすぐに求められる環境、元々悪かった人間関係の悪化。
頑張らなきゃ~と思っているうちに嘔吐や涙が止まらない状況が続きました。

そしてある日「もう頑張れない、1回仕事したくない」と心が折れて仕事に行けなくなりました。

看護師からニートになった方法

退職が決まるまではこの流れ

私の場合、事に行けなくなる→退職に関して話し合い→ニート決定みたいな流れなので、通常とは違うかもしれません。


参考になる部分とならない部分があるかもしれませんが、退職までの流れはこんな感じでした。


①師長に退職を伝える (1か月前)
②人事の偉い人と1対1でお話し(①の数日後)
③その場で退職を認めてもらう
④その場で退職届を書く
⑤退職を受理してもらう
⑥退職日前に諸々の手続き (退職日の1週間ぐらい前)

退職を伝える時のポイント



実際退職が決定するまでに、一番大変だったのは退職を受理してもらうことでした。

退職を伝える時の大事なポイントはこちらです。

退職を伝える時に重要なポイント

・退職する意志を曲げないこと
・ここじゃ続けられない理由を明確にしておくこと。
・退職を考えている場合残りの有給の数を把握しておくこと。


退職する理由を明確にする・退職する意志を曲げないのには、あれやこれやの手を使って引き止められる可能性があるからです。会社も働いている人材を離したくありません。

絶対辞めたいと考えているのであれば、何を言われても意志を変えないことは大切です。

退職する前に有給がいくつ残っているのか確認しよう

有給に関してですが、誰でも退職前に取得することができます。
(職場によっては取らせてくれないところもあるみたいですが…)

退職する際に有給の日数を確認しておくのは、退職日をいつにするか決める基準になるからです。


退職日って勝手に指定されるものだと思っていたのでこれは知りませんでした。

私の場合、急に退職することになったので「有給消化もせずにすぐ退職なんだろうな」と思っていたのですが、会社のご厚意で有給消化してから退職することになりました。




看護師の場合、有給をとる=働く人が1人少なくなるので中々退職前に有給は取りづらいと思います。

しかし、せっかく給料が発生している休み(有給)を無駄にしてまうのはもったいないので、退職前はしっかり有給を消化して休みましょう。

有給:給与が発生する休暇のこと

①入社から6か月以上経過している
②労働日のうち8割以上出勤している

この2点を満たせば、10日間の有給消化が支給されます。
また、勤務年数に応じて有給は増えていきます。

勤続年数 半年 1年半 2年半 3年半 4年半 5年半 6年半
有給日数 10日 11日 12日 14日 16日 18日 20日

詳細はエン転職の退職時の有給消化の注意点・対処法を確認してください。

体験談:退職する際こんな引き止めにあった!



看護師の仕事から離れて心を休めたかったことが、退職する理由だったのですがこんなことを言われて引き止めにあいました。

・他の部署に変えてゆっくり働いてみて考えてみたら
・元気がない状態で辞めたら後々後悔する
・元気がない状態で退職を決めるのは正常な判断ではないと思う


確かに、メンタルがへこんでるときに決めちゃっていいのかな~というのも一理ありました。


しかし数週間休みたいという考えではなく、現場から離れたい、いつ元気になるかもわからないから辞めたいという気持ちだったので、理解してもらえるように伝えました。


引き止めへの撃退法法はこちらに書いています。

看護師からニートへ。有給消化中の過ごし方



有給消化中の過ごし方は、自由だしなんでもありです。

私の場合、疲れた心を取り戻そうと思って何か別のことに没頭したかったので本を読んだり、とにかく自由に過ごしてブログを初めてみました。

お金も心配だけど何かしたいと思い、とりあえずKindle Unlimitedの無料期間で読める本を読みました。

有給消化中に読んだ本(すべてKindleUnlimited対応)

超初心者が在宅ワークに興味を持ったらはじめに読む本

本の情報
・作者は元看護師、現ブロガー・サロン経営、二児の母のお母さん
・在宅で仕事をすることになった経緯、在宅でできる仕事の紹介、何から始めたらいいのかなどが書いてある。

Kindle Unlimited 30日間無料体験で読んでみる

夢を叶えるゾウ1

本の情報
・変われない、続かない、実行できないでいたサラリーマンの主人公。ゾウの神様のガネーシャと出会い、課題をクリアしながら自分を変えていく物語
・今の自分を変えたいけど、何をしたらいいかわからないという人におすすめ。

Kindle Unlimited 30日間無料体験で読んでみる

週末プチ冒険はじめました

本の情報
・コミックエッセイ
・心をゆるめるプチ冒険の体験記が書いてある
・漫画の中にでてくるお店の情報もあるので読んでいて行きたくなる

Kindle Unlimited 30日間無料体験で読んでみる

ニートになる前、退職前にやった手続き



退職が決まれば、あとは言われた手続きをやるだけです。

退職日の1週間ぐらい前から退職日までにやった手続きはこちらです。

・ユニフォームの返却
・職場の荷物整理
・各書類の提出
・退職日に保険証を返却





私の職場の場合、退職日までに出す書類ややることなどが一覧として渡されるのでそれにそって行いました。

ちなみに保険証は、返却した後保険証がない期間はどうしたらいいですが?と聞いたら保険証が必要な場合は事情を説明して全額払ってあとで保険証が来たら提示する流れになるといわれました。

退職日までのポイント

・わからないことはすぐ聞くこと
・どの書類を出したか写真にとっておくこと
・退職金はいつでるのかなど、聞いておきたいことはピックアップしておくこ



退職に関する書類・手続きはわからないものが多いので、わからないことはどんどん質問しておきましょう。

出した書類を写真にとっておくのは、なんと出した書類を無くされたんです‥。

詳細は下の記事に書いていますが、書類も多いのでどれを出したのかわかるようにしておきましょう。

看護師からニートへ!

看護師からニートになるまでの0か月目のやったことのまとめはこんな感じでした。

実際、収入がなくなりますが看護師やっていて疲れたなら1度ニートになることをおすすめします。

ブランクが怖いだとか、再就職先を選ぶのがめんどくさいとか、色々壁はあると思いますが、長い看護師人生1度休んでみることをオススメします。