【病棟以外で働きたい】病棟看護師辞めたい、次の職場どうする?

何回も病棟看護師辞めたくなる。
でも辞めるふんぎりがつかない…。

今日はこんなお悩みを解決していきます。

記事を書いている私のプロフィールはこちらです。

5年続けた病棟看護師を思い切って辞めたら、心も身体も楽になりました。

今はクリニックで働いていますが、ぶっちゃけ病棟看護師が一番やることが多いです。

この記事でわかること
  • 病棟看護師を辞めて変わること
  • 病棟看護師を辞める、メリットとデメリット
  • 休んだ方がいい人の特徴
  • 次の職場の探し方


「病棟看護師疲れたな…」と思っている方は、離れてみるのもありです。

辞めるにも勇気が入りますが、病棟以外でも看護師の経験は積むことができます。


この記事を読んだあなたの働き方の選択肢が、少しでも広まればいいなと思います。

それでは始めます。

【病棟看護師辞めたい】病棟の仕事が疲れる理由


病棟看護師を辞めると、体力面もメンタル面もぐっと楽になります。

病棟ならではの「疲れる」理由があるので紹介していきます。

体力面で楽になる理由


まず体力面で楽になる理由として、病棟は患者さんが入れ替わりずっと入院していますが外来では患者さんは家に帰ります。


当たり前のことを言っているように聞こえますが、患者さんの自立度によって体力的な疲れぐらいもかなり変わります。

病棟を辞めてからやらなくなったこと
  1. 1日中立ちっぱなし
  2. 清拭・食事介助・排泄介助・体位変換など
  3. 夜勤などの不規則な勤務
  4. 膨大な量の記録



病棟ではADLが自立している入院患者さんもいますが、介助が必要な患者さんだと清拭・排泄介助・食事介助・体位変換など結構体力を使うことが多いです。

普段自然とやっていることでも、それがなくなると体の疲れぐらいも異なります。

メンタル面で楽になる理由


病棟で働いているとやらなくちゃいけない仕事量は多いのに時間が迫っていたり、色々な人がいるので気を使う場面も多いです。


しかし病棟を離れると、仕事量は病棟よりかは少なくなるので気持ち的に余裕がでてきます。


また、夜勤がなくなることで「少ない人数でのプレッシャー」や「気の合わない人との夜勤」もなくなります。


従って病棟から離れると自然にメンタル的に疲れる要因は少なくなるので、負担も減ります。

病棟看護師のメンタル的に疲れること
  1. 限られた時間での多重業務
  2. 超忙しい中でも絶対ミスは許されない
  3. 患者、家族への対応
  4. 他職種間の間に挟まれること
  5. 少ない人数での夜勤
  6. スタッフ間の人間関係



自分が気付いていなくても、忙しくて仕事に追われる状況はかなり疲れる要因です。


【辞める前に考えたい】病棟看護師から離れるメリットとデメリット



「病棟辞めたら楽になるだろうな」と思いつつ、なかなか辞める踏ん切りがつきませんよね。

病棟でしかやらないこともあるので、病棟を辞めるメリットとデメリットを整理していきます。

病棟を辞めるメリットとデメリット

病棟を辞めるメリット
  • 仕事量が減って体力的に楽になる
  • 夜勤がなくなって夜寝れる
  • 不規則勤務が減る
  • 多重業務が減る
  • メンタル的なプレッシャーが減る
  • 次の職場で新しい経験がつめる
  • 今の職場の退職金がもらえる
病棟を辞めるデメリット
  • 病棟でしかやらないことをやらなくなる
  • 夜勤がなくなると給料が減る
  • 新しい職場を探す必要がある

 

病棟でしか出来ないこととは


病棟では入院から退院まで入院しているので、患者さんと長く関わることができます。


技術的なことでは(訪問看護師や介護施設に転職すると行う可能性はありますが)、長い時間の点滴管理・看取り・夜勤・清拭・排泄介助などもクリニック勤務になると実施する頻度は少なくなります。


夜勤がなくなったら給料はどのくらい減る?


看護師にとって夜勤手当はかなり大きいです。1回の夜勤の平均手当はこちらです。

  回答病院数 平均手当額
三交代制 準夜勤の手当額 877 4,141円
三交代制 深夜勤の手当額 881 5,033円
二交代制 夜勤の手当額 1787 11,026円

引用:2019年病院看護実態調査



私の場合、病棟から異動した際には夜勤ない+残業がほぼなくなったため毎月の給料が6−7万下がりました。

夜勤手当って大きい…

【こんな人は要注意】休んだ方がいい人の特徴



病棟を辞めると、職場も変わるし給料も減るのではないかと考えると「もうちょっと頑張ろう」と今のままを選ぶ人も多いはず。


しかし体からSOSのサインが出ていて、少し休んだ方がいい人もいます。


これらの症状が続いている人は、注意が必要です。

体の3大SOS

体の3大SOSとは「疲れ・痛み・炎症(微熱)」のことです。

  1. なんとなく体の不調が続いている(疲れ・痛み)
  2. 元気がない時が続く(疲れ)
  3. ずっとイライラしている(炎症、微熱)



仕事中心の生活になると、自分の身体を労ったりする余裕もなくなります。

病棟を離れるデメリットもありますが、自分に負担をかけない働き方を選ぶ勇気も必要です。


【体験談】看護師辞めたら幸せになった理由


病棟看護師をやっていると、仕事量は多いですがその分夜勤で稼げたり患者さんと長く関われるのでその分学べることも多いと思います。


しかし無理は禁物です。


体験談ですが、過去の私も「看護師を続けること」に執着して中々病棟から離れることが出来ませんでした。

離れてからようやく、心身ともにものすごく疲れていることに気づきました。



看護師の経験は病棟以外でも積むことができます。

病棟を離れるメリット・デメリットともにありますが、ある程度経験を積んだあとは他のところでゆっくり看護師をする選択肢があってもいいのかもしれません。

病棟看護師を辞めたい時の「次の職場の探したかた3ステップ」



病棟以外で働くとするとこのような選択肢があります。

病棟以外で看護師が働く場所

クリニック、診療所、介護施設、訪問看護、治験、健診、学校、保育施設、ツアーナースなど


次の働く場所を選ぶには、今の病棟を辞めたい理由をあぶり出してみると次の仕事選びで優先することが見えてくるようになります。


病棟を辞めた後の仕事の探し方を3ステップで紹介します。

1.病棟を離れたい理由を明確にする



これを考える理由は、病棟ではなく今の職場環境に問題があるかもしれないからです。


例えば「夜勤はまだできるけど、仕事量が多い」などの理由であれば仕事量が今より少なかったり、患者さんの人数が少ない病棟を選ぶこともできます。


病棟を辞めたいのか、今の職場を辞めたいのか、どちらの理由もあるのか考えてみましょう。

2.病棟を離れる決心をつける


今の職場を離れて環境を変えるとなると、少し勇気が入りますよね。


しかし自分が決心しなければ、いつまでも辛い環境からはぬけだせません。


いつまでも「辞めたいといいつつ辞めない人」は周りにいませんか?


確かに転職活動はめんどくさかったり環境を変えることに不安はあるかもしれませんが、ここで決心をつけなければ誰もあなたの人生決めてくれません。


本当に病棟を離れたいのであれば、辞める決心をつけましょう。

辞める前は不安ですが、私は本当にやめてよかったと思いました。あとは決心だけです。

3.次の職場を探す


ここまで考えて「病棟以外で働こう」と思えたなら、あとは職場を探すだけです。

ちなみに経験から言うと、転職サイトは使うことをおすすめします。


初めての転職となると、履歴書の書き方や面接など何かと不安なことが出てきます。

相談できる人がそばにいてくれるだけで安心します。


こちらの記事で、登録から利用まですべて無料の看護師転職サイトを紹介しています。

【仕事探しのポイント】ブラック病院の見分け方



実際に気になる職場を見学に行けたら雰囲気もわかって選びやすいですが、仕事をしながらの転職活動はそんなに暇はありません。


従って、エージェントからの情報や求人情報で判断するしかなくなります。



そんな時に知っておきたい、求人情報でチェックするポイントはこちらです。

求人で見るべきポイント
  • 仕事の内容
  • 就業する場所
  • 仕事が始まる時間と終了時間
  • 残業の有無
  • 休憩時間と休日
  • 給料、賞与の内容
  • 健康保険・厚生年金・労災・雇用保険の有無など



ざっとポイントを書きましたが、【ブラック病院は要注意】看護師のいい求人の選び方 で求人で見るポイントについてまとめています。


月収・月給・年収・手取りなどの詳しい違いや、残業代で見ておくポイントなどを書いているので、一緒に知っておくと仕事を探す上でより失敗しにくくなります。

病棟を辞めるのは自分次第


ここまで読んでいただきありがとうございました。

給料がよかったり経験を積めるので病棟で働くメリットもありますが、看護師が働く場所は病棟だけではありません。

勇気を出して他の職場もみてみましょう。